フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

ワカサギブログ

VOL.22 榛名湖!ターンオーバー!


 今期、3回目の榛名湖へ。
 解禁から絶好調だった榛名湖!!
 例年、11月ごろはターンオーバーで喰いが渋くなり、釣りにくい状況になります。それでも、今年は魚影が濃いので、激渋まではいかない状況です。

 釣友のT氏と「榛名観光ボート」さんで、レンタルボートにエレキを装着して出船。
 今回は、いつもあまり釣らない場所の「沼の原」方面へ。魚探をかけながら進みます。

 底付近に反応のあった水深12メートル付近で、釣り開始!!

 タックルはレイクマスターCT-T二刀流。
 穂先はレイクマスターエクスペックM02Eリアクションバイトをチョイス。
 まずは、底付近を狙ってみますが…

 アタリなし…

 魚影はあるものの、全く、アタリが来ない。
 30分ほど粘ってみますが、まさにノーピク!!

 たまらず、移動を決断。
 近くで釣っていた釣友に状況を聞くと、21匹との事で、まずまずですが…
 今一つといったところ。

 魚探をかけながら、実績のあるポイント、ボート場付近まで戻ります。
 中層付近に大きな群れ発見!!
 で、すかさずアンカーを打ち。釣り再開。

 アンカーを降ろしても群れは消えなかったので、中層を狙います。
 ここでパタパタと釣れ出しましたが、一方の仕掛けが良く釣れて、一方はほとんど釣れない現象です。どうやら、金バリ仕掛けの方は魚が嫌っている感じ。
 仕掛けを二本竿ともキツネ1号の茶バリ仕掛けに変更します。
 解禁当初は圧倒的に金バリが良かったのですが、ここにきて逆になりました。
 榛名湖ではターンオーバーの時期は、金バリがダメになる経験を何度もしていましたので、すぐに対応できました。
 しかし、どこのタイミングで、有効なハリ色が変わるのかは難しいです。
 あえてハリ色の違う仕掛けをつけておくと、判断しやすいかもしれません。

 茶バリに変えて、二本竿とも、同じ様にアタリが出るようになりましたが、中層の群れは、足が速い事もあり、100匹に届かないところでピタリと魚影もアタリも止まります。
 狙いを底に変えて釣りますが、ほんとにスローなペースでアタリが来るのみで…

 再び、移動を決断します。
 風も出てきて、だいぶ体感温度が寒く感じるようになりました。
 寒い時期は、これが欠かせません。

 3WAYで使えるフェイスマスク「AC-032Q」
 一度使ったら、病みつきの暖かさ!!

 通称「ホテル前」に移動。ここで再び、中層の群れをキャッチしたので、再開!!すぐに、中層の魚は結果が出て、良く喰ってきました。
 やはり、どこまでアタリが続くのか?
 それが問題です。
 幸い1時間ほど、途切れながらもいいペースが続き、数を稼げました。
 本日は、どうやら中層狙いが吉!!と判断。
 ここでも、しばらく魚影とアタリが止まったところで、再び場所移動です。

 今度は湖中央部の深場に移動。
 移動途中に、結構良い反応が多く、「ここにいたのか!!」と思いました。
 解禁当初から、あれだけいた魚がいなくなるはずがなく、どこかにいるとは思っていましたが、まさに、その答えは、深場の中層!!でした。

 水深14メートルの5から7メートル付近の中層の魚を狙います。
 使用してオモリを6グラムから3グラムまで軽くして、抜き足、差し足、忍び足で、仕掛けをゆっくり落とし、なるべくバラシを減らし、群れを散らさない様に心がけて、釣って行きます。
 魚にスイッチが入ると、多点掛けになるケースもあり、ハイペースになります。

 夕方は尻つぼみになりましたが、それでもトータル472匹で竿頭。
 ターンオーバーで、皆さん苦戦している状況ですが、良い結果になりました。

 榛名湖のボート釣りは、12月9日で終了いたしました。
 あとは今年も氷上釣りができる事に期待です!!

松田 克久
松田 克久
鮎釣り歴30年以上、ジャパンカップ優勝経験を持つ大ベテランでもあり、群馬県高崎市で釣具店「つりピット!」を経営。 ワカサギ釣り歴は35年以上。榛名湖で育ち、各地のフィールドをマルチに釣りこなすべくボート、桟橋、ドーム船、穴釣りなど、鮎釣りのシーズンオフに熱心に夫婦共に楽しむ。
ワカサギサイト