フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

ワカサギブログ

VOL.21 開発者のつぶやき:レイクマスター エクスペック L05S SPARK MONSTER


製品名:レイクマスター エクスペック L05S SPARK MONSTER
http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5538

 前作ワカサギマチック エクスペックシリーズにも同じL05Sが存在しましたが、前作は全体が滑らかに曲がる胴調子であり、高活性な状況においてはアタリの表現力にも問題なく、多点掛け、深場での大オモリを背負った釣りなどを得意としていましたが、よどみの少ない調子が、喰いが渋い状況で、ややアタリの表現力に乏しい感は否めませんでした。
 そこで前作の硬さ感を維持しつつ、渋いアタリに対する表現力を備えた穂先の試作スタートです。
ただ、市場的には05は全体の中では売れ筋からは外れています。
 硬過ぎるから?
 こんどのL05Sは硬過ぎるということはありません。
 05として必要な硬さを持たせるべき個所、
 硬過ぎて巻き上げで針外れを起こさないよう、適度なクッションを持たせた箇所、渋いアタリでも表現しやすくする箇所、のように、三つ領域に分けて、それぞれ明確な役割を与えています。
 これによって硬さは05に位置付けされますが、04的なクッション性と、03的なアタリの表現力を伴った、新しいL05Sが出来ました。
 流れだけを説明すると、簡単に完成したように聞こえますが、ハンドメイドで試作品を作っては試しての繰り返しがあったことを付け加えておきます。

▼レイクマスター エクスペック L05S SPARK MONSTER 解説動画▼

ワカサギサイト