フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

ワカサギブログ

VOL.14 榛名湖深場にシフト!!


 10月29日。
 今期二回目の榛名湖へ釣行しました。
 季節が進み、湖畔の山々もずいぶんと赤や黄色に色づいてきました。
 解禁から絶好調だった浅場からいっきに深場に魚が移動した感じです。
 現在は、水深12メートル付近で良く釣れている情報です。

 「榛名観光ボート」さんから出船時間の6時をだいぶ遅れて出船。(忘れ物をして…汗!!)
 ボート場前の水深12.5メートル付近でアンカーリング。

 魚影は底から2メーター浮いた状態で、魚探の反応と仕掛けのタナを合わせた宙釣りで狙います。
 中層狙いの場合は、まさにレイクマスターCT-Tのように、水深表示がでる電動リールが便利です。狙うは10メートル棚ですので、仕掛けの長さを考慮して、水深表示が9メートル付近でタナを決めて釣っていきます。
 朝のラッシュ!と言えるほどの入れ喰いではないですが、まずまずのペースで釣れ出しました。

 魚のサイズは、浅場で釣れていた時よりだいぶ大きいものが釣れてきました。
 型が良いのと水深が深くなった事もあり、オマツリ多発で、トラブルが多く、なかなかペースをつかめなかったのですが、それでも喰いは良いのでかなりの釣れっぷりです。
 正午の時点で500匹ほどゲット!!。

 日中は風も強くなりしたが、今回使用したカミソリテーパー設計穂先のレイクマスターエクスペックM02KとM03Kはまさに切れ味するどい先調子モデルですので、少々の風でもまったく釣り難くなりません。
 特に水深が深くなった事もあり、M03K カミソリバーサタイル がベストマッチでした。
 午前中は1.5号のオモリを使用しておりましたが、午後はオモリのサイズを、2号、2.5号、3号と、どんどん上げていき、ペースUPを狙います。
 幸い午後は、さらに喰いが良く、多点掛けも多くなってきました。

 喰いが良く水深が深い場合は、なるべく多点掛けで釣り上げた方が効率が良いのは言うまでもありません。追いアワセを入れて、意識的に多点狙いの釣りと、群れの薄い時は確実に1匹掛けで釣って行く事を交えながら、釣り分けていきます。
 午後はまさに快調!!
 時速200匹以上をキープ!!
 終わってみれば、1212匹の爆釣でした。

 数も型も良いので、すごいボリュームになります。

 地元のホームレイクの榛名湖が豊漁すぎるので、他の釣り場に行く気にならないのが、本音です(笑)。今年は特におすすめです。是非!お出かけください。

松田 克久
松田 克久
鮎釣り歴30年以上、ジャパンカップ優勝経験を持つ大ベテランでもあり、群馬県高崎市で釣具店「つりピット!」を経営。 ワカサギ釣り歴は35年以上。榛名湖で育ち、各地のフィールドをマルチに釣りこなすべくボート、桟橋、ドーム船、穴釣りなど、鮎釣りのシーズンオフに熱心に夫婦共に楽しむ。