フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

ワカサギブログ

VOL.04 鳴沢湖のワカサギ試し釣り


 群馬県の高崎市箕郷町にある鳴沢湖は、強風の影響も少なく氷結しない湖。
桟橋も広くて安定しており、子供でも安心してワカサギ釣りができる釣り場です。
解禁は10月1日の予定ですが、その前にワカサギの試し釣りのお手伝いをしました。

 実釣時間は午前8時からスタートして11時までの3時間。
参加者は6人ほどで桟橋とボートに分かれて開始しました。
静かな湖面に魚探を入れながら、私は中央ワンドを目指しました。
魚影は5~6mにポツポツ映りましたが、大きな群れはありません。
静かな湖面には、ボートを係留するためのロープが張り巡らされており、見つけたらロープに係留する準備はしていたのですが、奥まで進んでしまいました。
徐々に水面にワカサギの波紋が見られ、それを目指しますが、ボートが近寄ると逃げてしまいます。
ここでも水深5~6mのところに群れを確認したので、水深7m付近のロープに係留して始めることにしました。

 タックルボックスから今年発売されたワカサギ用の小型電動リール、レイクマスターCT-Tの新色、クリスタルホワイトとクリアバイオレットを取り出しました。
巻上スピードも速くてトルクもあり、電池もかなり長持ちする優れものです。
穂先は水面までの距離を調整しながら微妙なアタリがわかるように、角度チェンジャーを付けた後で選択。
魚がスレていないので、繊細なアタリを捉える穂先は不要と考え、リズミカルな誘いと聞き上げにも対応するM02E 「リアクションバイト」を取り付けました。
仕掛けは、この時期有効なフラッシャー付きの1.5号。
オモリは3gを使用。

 仕掛けを落としてから、ゆっくり上下させてから停止。
その繰り返し動作では効果が得られませんでした。
誘い方もいろいろ試しましたが、釣れないのでポイントを移動しました。
水深の浅いところではボートが近寄ると、その影で逃げてしまいます。
あまり釣果に恵まれないまま、最初始めた付近に戻りました。

 5m前後の中層に群れが入るので、仕掛け長さを1.7mと長いものに交換して、幅広く探ることにしました。
またオモリを1.5gに交換して、ゆっくりと降下させるなど、足早に通り過ぎるワカサギに対して策を講じつつ試行錯誤。
フラッシャー針に白サシの半切りと赤虫を付けて誘うと、赤虫の方にワカサギが掛かる率が高くなりました。
赤虫を全部付けて誘いますが、それだと驚いて群れが消えます。
晴天ならばフラッシャーのキラキラ効果が発揮できるのですが、当日は曇り空。
エサの赤虫に反応があるようなので、ハリ間隔をひとつ開けて赤虫を付け、ゆっくり誘い上げます。
すると群れが警戒しにくいのか、ときどき多点掛けもありました。
やっとパターンを掴んだと感じた頃には終了。

 桟橋へ戻り容器からワカサギを取り出し数えると79匹でした。
これから冷え込みが続いて水温が低下すれば、活性が上がるでしょう。

 解禁後の釣果や状況につきましては管理事務所にお問い合わせください。

 ここ鳴沢湖は昨年、社会貢献事業として取り組む「LOVE BLUE」事業団体様から、
内水面釣り場拡大事業(ワカサギ)として、国内第一号のワカサギ卵孵化施設を提供していただきました。
とても感謝しております。

井上 聡
井上 聡
15歳で本格的に渓流釣りを始め、利根川をホームグラウンドに四季の魚、記憶に残る大物を求めて全国を巡り、精力的に釣行を重ねている。 本流と渓流のヤマメ釣りとワカサギ釣りを得意とする淡水の釣りなら何でもこなすオールラウンダー。
釣りのモットーは「楽しく安全に!自然を大切に」
ワカサギサイト