フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

ワカサギブログ

VOL.35 神流湖と赤城大沼と桧原湖

 ここ最近の釣行は…
あまりタイムリーではないですが、
まずは3月12日に神流湖にいってきました。
ここのところ氷上釣りばかりでしたが、硬めの穂先のテストがしたかったので、久々のボート釣りです。
神流湖はシシャモ級のデカサギが釣れる湖で有名ですが、今年は秋の豪雨で濁りがなかなか取れず、釣りにくい状況がしばらく続いておりました。ここ最近は上流部で少し良い釣果が聞こえてきたので、期待してデカサギ狙い!!です。

 釣友といっしょに山水ボート場から引き船をしてもらい、かなり上流のポイントで釣りました。
 例年ですと水深20~30メートル付近の実績が高いのですが、やはり今年は濁りの影響で釣れるタナも浅めで、10メートル付近が良いようです。
 神流湖は川を堰き止めたダム湖で、湖岸は傾斜のきつい場所が多く、アンカーは効きにくいため、張られたロープにボートを係留して釣るスタイルになります。

 タックルはレイクマスターCT-Tの二刀流。
 デカサギ狙いですので、ハリは大きめの2.5号の9本バリと3号の8本バリ、全長は2メーターと長めの仕掛けを使います。
 エサは白サシ、紅サシを使いますが、ブドウ虫を半分にカットして付けます。
 ブドウ虫は喰わせエサとして普通に使います。
 今年は水が多く、普段は陸だった場所が水没しているため、ベタ底へ落とすと根掛かり多発で、仕掛けを何枚使った事か…
 二か所ほど場所移動して探ってみましたが、釣果は43匹と撃沈!! 
 神流湖は数はそれほど安定して釣れる湖ではないので、数的には普通と言えるかもしれません。ポイント選びが難しく、船一艘違うだけで天国と地獄になる、ある意味、難攻フィールドです。
 今回はサイズも狙った15センチクラスは出ずで、数もサイズも消化不良な釣りでした。

 それでもボートから眺める景色は絶景かも!!

続いて、3月18日は赤城大沼の氷上へ!!
赤城大沼の湖畔にある売店「バンディ塩原」さん主催のワカサギ釣り大会にゲストとして参加させていただきました。

 参加者は60名ほど、午前6時半のスタートから正午に帰着ルール。
 狙っていたのは浅場でしたが…付近に誰もいないので、一人で釣るのもさみしくつまらないので、皆さんが多く入っている水深15メートル付近の「中深」で釣りました。
それにしても相変わらず赤城の釣りは難しい。
なかなか、口を使ってくれない魚で、アタリは極めて極小!!
誘い続けて…数少ないアタリをアワセ損ね!!まさに唸ります。
それでもたまに釣れる良型の手ごたえは最高~!
11時半まで釣って25匹でフィニッシュ!!
結果は11位でしたが、みんなでワイワイと楽しい釣りでした。

 そして…3月20日は桧原湖へ!!
 「ゴールドハウス目黒」さんの氷上小屋で、来期の新製品穂先の動画撮影でした。

 魚影の入る良いポイントでしたので、撮影は順調に終了!!

 正直、撮影でなく…プライベートで、普通に釣っていたいと思ったのが本音です!!(笑)

松田 克久
松田 克久
鮎釣り歴30年以上、ジャパンカップ優勝経験を持つ大ベテランでもあり、群馬県高崎市で釣具店「つりピット!」を経営。 ワカサギ釣り歴は35年以上。榛名湖で育ち、各地のフィールドをマルチに釣りこなすべくボート、桟橋、ドーム船、穴釣りなど、鮎釣りのシーズンオフに熱心に夫婦共に楽しむ。
ワカサギサイト