フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

ワカサギブログ

VOL.25 難攻フィールド!赤城大沼!

 1月15日
 再び解禁から1週間たった赤城大沼の氷上釣りにでかけました。
 湖畔の売店「バンディ塩原さん」で入漁券を買って、赤城の常連さんといっしょに、神社裏の駐車場から入り、今回も赤城大沼の最深部「フカンド」で竿をだしました。

 タックルはレイクマスターCT-T、クイック角度チェンジャーで繫いで、穂先はプロト穂先のテストです。仕掛けはハリ1号全長3メーターの10本バリ、オモリ5グラムでスタート。

 朝から渋い釣りのスタート。ポツンポツンとアタリがでるのみで、サイズも小さ目。
 相変わらず、赤城のワカサギは渋い!!

 本日は無風の晴天の釣り日和で、天気は最高なのですが…喰いが立たない。
 少し風でも吹いてくれれば良いのですが…
 日中はテントの中は暑いくらいでした。

 今回も穂先のテストをしながらの釣り、だいたい二時間ごとに穂先を変えて釣って行きます。

 穂先のチェンジに合わせ、仕掛けもチェンジ。
 ハリを08号に落とします。
 これも全長3メーターの仕掛けです。
 テント内で長い仕掛けを操るには、通称「滑車」「コロコロ」なんて呼ばれているタックルが必需品です。
 マツカツのテント内は、計3個のローラー状の「滑車」を装備しています。

 水深は17メートルですが、魚が底から2、3メートル上で良く釣れる感じで、やはり長い仕掛けが有利です。
 とはいっても、群れが来てもほとんど1匹ずつ拾う感じで、常に誘いをかけて釣ります。手が腱鞘炎になるか!!ってくらい、誘って、誘って、誘って…・
 なかなか口を使ってくれない魚をリアクションで掛けるような釣りで、反射釣りとも言われます。
 日中になって、さらに渋く、魚影も入ってこない時間の間が長くなります。
 エサ交換はもちろん、オモリのサイズを変えたり、誘いを変えたり…
 まさに修行のような釣り!!

 それでも、時よりヒットするデカサギの手ごたえは最高!!

 苦労して掛けた一匹。
 難しいけど!面白い!
 数釣りとは違う、1匹に価値のあるようなワカサギ釣りが続きます。

 本日も場所を外した感じ。
 正午の時点で30匹を超えたレベルで、目標の1束は厳しいそうなので…
 最低目標を50匹に切り替えます。
 場所にあたり、腕が良ければ、1束越えもできるはずなのですが…
 結局62匹でノックダウン。

 また!リベンジ!!です。

松田 克久
松田 克久
鮎釣り歴30年以上、ジャパンカップ優勝経験を持つ大ベテランでもあり、群馬県高崎市で釣具店「つりピット!」を経営。 ワカサギ釣り歴は35年以上。榛名湖で育ち、各地のフィールドをマルチに釣りこなすべくボート、桟橋、ドーム船、穴釣りなど、鮎釣りのシーズンオフに熱心に夫婦共に楽しむ。