フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

ワカサギブログ

VOL.19 再び桧原湖テスト釣行!

 12月26日。
 再びメッカ桧原湖へ、穂先のテストで釣行しました。
 桧原湖でのテストは今期、二回目です。
 今回は、ロッド開発のK氏とインストラクターの井上聡さんと3名で、「こたかもり」さ んのプライベートドームにお世話になりました。
 午前6時すぎ、辺りがまだ真っ暗なうちに送迎のボートで湖上に浮かぶ4人用の屋形ドームに乗り込みます。

 いざ準備して釣り開始といきたいところですが…
 まだ、仕掛けが見えないほど暗く、なにもできない状況です。
 幸い、私がライトを持ってきていたので、3人とも準備ができました。(笑)

 水深は約16メートル。
 タックルはレイクマスターCT-T 二刀流。
 穂先はプロトの調子違いをそれぞれつけてスタート。
 まずは、ベタ底を中心に狙っていきます。

 朝のラッシュもなく、渋い釣りからスタートです。
 ある程度、時間を区切り、穂先をとっかえ、ひっかえの釣りで、オモリのサイズなども変えながらテストしていきます。
 穂先の特徴に合わせた釣り方なども行っていきます。

 それにしても、ドーム船の中はストーブがありますので暖かいのですが、外はかなりの風吹!!です。見る見る、雪が積もっていきます。

 時より多点掛けもありますが…
 ほとんど単発で、連発モードにはならない釣りです。
 またもや、テストにはちょうど良い渋さですが…(苦笑)。
 それでも釣れてくるサイズは結構良く、ポツポツでも、釣り応えがあり、面白い釣りです。

 午後は雪降りに加え、風も出てきて、仕掛けが流されて、オマツリも多発!!でしたが…
 終日、ポツポツの釣れ具合で、マツカツは121匹で14時40分に終了。
 正直、もう少し釣りたかったですが…雪の桧原湖を逃げるように撤収~でした。
 ↓↓この写真は笑えますかね!?雪まみれの帰りの送迎船の写真です。

 大自然を肌で感じる、こんな経験もワカサギ釣りならでは!!
 良い思い出となるでしょう!!
 穂先のテストも大詰めになってきました。
 だいぶ先が見えてきた感じですが、まだまだテストは続きます。

 追伸。
 帰宅後、釣果を早速、フライにしていただきました。
 桧原湖のワカサギはふわふわで、とても美味しいです。(笑)

松田 克久
松田 克久
鮎釣り歴30年以上、ジャパンカップ優勝経験を持つ大ベテランでもあり、群馬県高崎市で釣具店「つりピット!」を経営。 ワカサギ釣り歴は35年以上。榛名湖で育ち、各地のフィールドをマルチに釣りこなすべくボート、桟橋、ドーム船、穴釣りなど、鮎釣りのシーズンオフに熱心に夫婦共に楽しむ。