フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

ワカサギブログ

VOL.12 ガイド凍る!!榛名湖!

 再び、ホームレイクの榛名湖へ釣行!!
 冬将軍がやってきて、今期一番の冷え込み。
 榛名湖は山上湖なので、当然、かなり寒い。
 ボートのアンカーロープはバキバキに凍っていました。

 現在、榛名湖の出船時間は午前7時ですが…だいぶ遅れて、出船。
 (エサを忘れて、Uターンしたので!!汗!)
 先にボート場前の深場で釣っていた釣友に合流。近くでアンカーリング。

 水深12.5メートルの前回の釣行で良かった場所付近で、電動リール・レイクマスターCT-Tの二刀流、穂先はプロトタイプでスタートします。
 仕掛けは金バリの狐1号7本バリ、オモリ6グラムをチョイス。

 魚が浮いている感じで、ポツリポツリのアタリで…渋めなスタート!
 朝のラッシュもなく、まさに!気温も釣果も寒い!!
 マイナス気温ですから、当然、穂先のガイドは凍ります。水に穂先を突っ込んで、氷を溶かしては!!の繰り返しです…

 時より来る中層の群れは当歳魚なのか!?…口を使ってくれず、素通り状態。
 底付近を中心に狙いつつ、途切れ途切れの単発のヒット!が続きます。

 午前10時までに40匹ほど。釣友に状況を聞くと、やはり40匹くらいとの事。

 ポイント移動を決断します!!

 釣友といっしょに、通称「ゆうすげ」前のポイントへボートを漕いで移動します。
 水深9.5メートルで再開!!

 ベタ底で良い反応で、きっちり誘ってアタリを取れば、良いペースで釣れ続く感じでした。
 正午の時点で200匹越え。「ゆうすげ」前は、魚影も濃く、型も良いのが交じります。

 本日はプロト穂先のオモリの負荷テストをメインに釣りました。3グラム~9グラムまで小刻みに試してみて、穂先に合った、ベストのオモリサイズや許容範囲を探りました。
 午後もペースは上々!!
 ほぼ時速100匹ペースで、なんとか朝の不調を取り戻し、500匹にして終了。

 それにしても、日中になってもガイドが凍るとは!!驚きの寒さでした。
 最近は暖冬で、氷上釣りはできない年が続いている榛名湖ですが、今年はできるといいな!!と、この寒さに期待しているマツカツでした。

松田 克久
松田 克久
鮎釣り歴25年以上、ジャパンカップ優勝経験を持つ大ベテランでもあり、群馬県高崎市で釣具店「つりピット!」を経営。 ワカサギ釣り歴は35年。榛名湖で育ち、各地のフィールドをマルチに釣りこなすべくボート、桟橋、ドーム船、穴釣りなど、鮎釣りのシーズンオフに熱心に夫婦共に楽しむ。