フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

シマノ渓流 開発奮闘記

渓流彷徨い日記 Vol.74 人に見られると空振り

釣行日
2019年03月09日(土)
場所(水況)
奈良県 舟ノ川(平水?)
天候
晴れ時々曇り
釣果
ぼちぼち 平均18cm(最大20cm)
使用ロッド
攻隼 S硬調60 ZA
仕掛け
天上糸:フロロ 0.4号
水中糸:フロロ 0.2号
オモリ:4~5号
ハリ:5号
エサ:キンパク
釣り人
ぬけさく

 またしても舟ノ川へ釣行です。今日は、朝一からアマゴ名人のモロコ君が入っています。だいたい釣りそうなところを聞いているので、そこより下流を狙います。運良く狙っていた駐車スペースには車がありません。よしよし。

 最初に入ったポイントはここ。1流し、2流し…アタリが有りません。オモリを変えて流す層を変えてもアタリません。ん?

 次のポイントへ。またアタリません。また次へ。あれっ?前回と打って変わってアタリがないのです。なんでや!ひょっとしてモロコ君はここから入ったんか?

 今日の竿も攻隼S硬調60。ビビッドトップⅡです。本来は穂先が結べるくらい軟らかいのですが、片手で曲げて、片手で写真を撮るのはこれが限界。穂先が無抵抗なのでアマゴがエサをカミカミしている時間が長いのです。私のように反射神経が鈍くても釣れるのです。

 足跡はいっぱいありますがモロコ君かどうかはわかりません。このような開けた瀬もあります。が、釣れません。アタリもありません。今日は念のため、熊よけの鈴を腰にぶら下げています。
 チリンチリンとかなりうるさいのです。…アマゴにも聞こえるのか…

 ようやくの1匹。この時期にしてはコンディションは良さそうです。

 場所を替わろうかと思っていると、上流で釣っていたモロコ君が降りてきました。結局、足跡はモロコ君ではなかったようです。

 午後からは前回入らなかったポイントへ。A級ポイントは少ないのですが、午前中よりは明らかにアタリが有ります。水温が上がったせいか、先行者が釣ってないのか。

 今日の良型。綺麗な体色です。

 今日の意外な当りポイント。こんな変化の少ない平瀬でいい型が釣れました。

 エサ先行でブレーキをかけながら流さないと喰い込んでくれないようです。
 今日の一番マシな型。

 この後、上流で釣っていたモロコ君が降りてきて、道の上から見ています。見られていると年甲斐もなく緊張してしまいます。緊張すると空振りをしてしまいます。4回もアタリを逃してしまいました。

シマノ渓流チーム プロフィール シマノ渓流チーム プロフィール

ぬけさく
定年しても、まだしつこく会社に居座る65歳。
45年前に奈良県の川迫川でアマゴと出会ったのが最初。以後、下手の横好きの典型。最初はエサ釣りからスタートしたが、一時フライにのめり込む。
ただ、英語が苦手なので、和式のエサ釣りに逆戻り。現在はエサ、時々テンカラのスタイル。
モットーは"少なく釣って、たくさん楽しむ&自然の恵みは美味しくいただく"。