フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

シマノ渓流 開発奮闘記

エキスパートたちの気が向けばブログ Vol. 9 寒い日の割に!?

釣行日
2018年4月17日(火)
河川
群馬県・利根川支流烏川(倉渕地区)
使用ロッド
渓流テンカラ34-38ZL
仕掛け
レベルラインフロロ4号 5.5メートル+ハリス0.8号 1.2メートル
毛ばり
いろいろ
釣果
16~23センチがまずまず。
釣り人
ちゅぱーく

 地元の烏川へ、テンカラ釣行!!

 のんびり出動、午前11時ごろからスタート。
 天気は曇日。気温が低く、寒く感じるため、レインを着ての釣り。
 テンカラには厳しそうな日で、エサ釣りやルアーの方が分が良さそうな日でしたが…
 どうしてもテンカラでヤマメが釣りたくて!車を停めた場所から釣り下る。
 はじめは無反応!!
 「やっぱテンカラはだめか!?」と思いながら釣り下る。
 毎年、実績のあるポイントに近づき、「ここで出なければ、ルアーにチェンジするか!!」と思って流すと。
 「パシャ!!」
 小さ目ですが、綺麗なヤマメが出ました。

 一匹釣れた事で、俄然やる気!!
 その付近で再び、毛ばりに反応した魚が出ましたが、フッキングせず!!。
 すぐに打ち返すと、再び、魚が顔をだしましたが…喰いこまず。
 時間を空けて、また流すと、バシャ!!で、ガツーン!
 一瞬、手ごたえありましたが、外れてしまい…さすがに、その後は、出ませんでした。

 テンカラは魚が出るのが見える事も多いので、なんともスリリングで、釣れなくても、面白いです。
 さらに、釣り下りながら…(ほんとは釣り上がりたいのですが、良いポイントが下流にあるもので)
 やはり実績ポイント付近になると、連発ヒット!

 その後も比較的コンスタントにポツポツ釣りながら、どんどん釣り下ります。
 ほんと、毎年、魚が出るポイントは同じ付近で、魚がつく場所は変わらない。と認識しながら、過去に一番、実績のある広いプールのポイントに到着。
 ここは慎重に、一度、岸を遠巻きに下がり、下流から静かにアプローチして、打ってみます。

 手前から打って…本命の筋へ!!

 「バシャ!」と派手に出ましたが…掛からず。
 場を休めるため、少し下流をあえて打つと…
 「バシャ!」
 今度はうまくフッキング!!
 本日最大の23センチクラスでした。

 やっぱり実績ポイント!!ですね(笑)。

 3時間ほどやって、ツ抜け釣果でまずまず。第一ラウンド終了!!
 一度、車に戻り、遅い昼飯タイムです。

 今年、三回目のテンカラ釣りです。
 前の二回は、風が強い日で苦戦していたため、今日は寒いですが、風がなく、夕まずめにさらに期待が持てそうでした。

 第二ラウンドは少し上流に移動。

 期待とは逆に…
 小さいのが掛かってくるだけで…反応も少なくなってしまいました。
 やはり、まだ、春先な事もありますが、日中の方が良く、夕方以降はダメだったようです。レインを着ても寒い様な日ですからなおさらです。
 夕まずめを待たずに、早めに納竿しました。
 それでも、寒い日のわりに、日中は比較的良く釣れましたので楽しめました。
 今度は、もう少し暖かい日に行ってみよう!!

シマノ渓流チーム プロフィール シマノ渓流チーム プロフィール

ちゅぱーく
シマノ鮎インストラクター。が、本人いわく、渓流のキャリアは鮎より長いとか。
群馬県高崎市で釣具店「つりピット!」を経営。
アジング・ エギング・ワカサギと幅広く釣りを楽しむ。