フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

シマノ渓流 開発奮闘記

渓流彷徨い日記 VOL.53 天気予報は当たるのか

釣行日
2018年4月11日(水)
場所(水況)
和歌山県 有田川 ダム上流(やや減水)
天候
曇り&強風
釣果
まずまず 平均17cm(最大23cm)
使用ロッド
プロトC
仕掛け
天上糸:フロロ 0.4号
水中糸:フロロ 0.2号
オモリ:3号
ハリ:5号
エサ:ギンパク
釣り人
ぬけさく

 TVの天気予報は、雨が降って風も強いと放送しています。
 GPV気象予報を見ると、丁度行こうとしている有田川上流辺りが10時ごろから雨色になっています。
 Yahoo!の天気予報を見るとずっと曇り。降水量0mm。しかも風速1~2mとなっています。
 もし、このYahoo!予報が当たれば好条件です。
 信じていいのか…。
 ダメモトで高速代のかからない有田川に行くことにします。

 まずは、エサとり。
 ヒラタのとれそうな段々瀬を撫でますが、とれません。
 石を返してもいません。
 ウロウロすること1時間。
 キンパクはもう終わりと思っていたのですが、キンパクがとれそうな砂地の上の玉石を足でかき混ぜると、キンパクではなくギンパクがごっそりとれました。
 これで半日は持ちそうです。

 エサをとるときにちらっと魚影が見えたのが気になって、竿を出してみます。

 「釣れてもどうせ成魚やろな。」と期待せず瀬落ちの深みにエサを入れると、1投目で目印をしっかり押さえこんで…
 18cmの稚魚放流の魚体。
 本流でも釣れるんや!。
 思わず写真をパチリ。
 今日もデジカメを忘れたのでスマホの写真。
 上手く撮れません。

 ところが、次はカワムツ、次はウグイ…と、ここで早くも強い風が吹き出しました。
 仕掛けが浮き上がるほどの強風です。
 Yahoo!で調べたのは、もっと上流部。
 本流も気になるのですが、早めに移動することにします。

 会社のOさんに教えてもらったポイントです。
 水が少なく、ポイントがあまりありません。
 とりあえず釣り下ることに。
 この時点では風は有りますが、未だ釣りのできる範囲。

 初めての場所なので、期待しながら下ります。
 この辺り、前回にもまして岩盤が多く、ポイントがあまり有りません。
 ただ、数少ないポイントを流すと結構いいアタリを出してくれます。
 魚がうぶなのか、竿がいいのか…。

 エサがヒラタではなく、ギンパクなので喰いが渋いかと思いきや、しっかり押さえこんでくれます。
 弾くようなアタリが無いので、空振りが激減した印象です。

 風が強くなり、まともに流せません。
 釣りにならないので、早めに引き上げようと入川したところまで戻ってくると、なんと風がおさまってきました。
 これはもっと釣れということか。
 しつこい性格なので、当然のように釣り続けます。
 橋の上の深みに竿を入れると、なんと3連発。止められません。

 さらに上流へ上って良さげなポイントを流すとゴン、23cm。
 今日一番の良型です。しつこい性格はいいこともあるのです。

 雨がパラついてきたので、今日はおしまい。
 強風の割にはちゃんと喰ってくれました。

 結局、雨予報はGPVがハズレでYahoo!が当り。
 しかし、Yahoo!の風予報は大ハズレ。次は何を信じたらいいのか…。

シマノ渓流チーム プロフィール シマノ渓流チーム プロフィール

ぬけさく
定年しても、まだしつこく会社に居座る64歳。
45年前に奈良県の川迫川でアマゴと出会ったのが最初。以後、下手の横好きの典型。最初はエサ釣りからスタートしたが、一時フライにのめり込む。
ただ、英語が苦手なので、和式のエサ釣りに逆戻り。現在はエサ、時々テンカラのスタイル。
モットーは"少なく釣って、たくさん楽しむ&自然の恵みは美味しくいただく"。