フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

シマノ渓流 開発奮闘記

渓流彷徨い日記 VOL.49 二つの河川を彷徨って撃沈

釣行日
2018年3月18日(日)
場所(水況)
和歌山県 日置川 支流安川(平水)
和歌山県 日高川 龍神 (やや高め)
天候
晴れ時々曇り、風強し
釣果
貧果 平均17cm(最大20cm)
使用ロッド
プロトA、プロトC
仕掛け
天上糸:フロロ 0.4号
水中糸:フロロ0.2号
オモリ:3号、4号、5号
ハリ:5号
エサ:キンパク
釣り人
ぬけさく

 水が高めの龍神地区も気になりながら、人の少ないであろう日置川支流の安川へ向かいます。「釣れる」という情報は有りませんが、休日なので人の少ない川を選びました。

 最初に入ったのはここ。思ったより水が少ないです。
 以前、ここから上流に釣り上がっていい思いをした記憶があります。
 釣れなかったこともありましたが、いい記憶だけを引きずっているのです。

 数回流しますがピリッともしません。
 魚が薄いのか。少し上手に移動して、対岸から支流が流れ込んでいるポイントでいきなり3匹連続。
 「なかなかええやん」とつぶやきます。
 大きくは有りませんがいいプロポーションです。

 魚体はいいのですが、魚影は薄い感じです。

 このような良さげなポイントもピリッともしません。
 以前、ここで入れ喰いになった記憶があります。
 釣れなかった時もあるのですが、いい思いだけ引きずるのです。

 ここから上流も釣り上がるつもりでしたが、今までなかったこんな看板が…

 一気にビビッてしまいます。
 クマを気にしながら釣りをしたくないので、下流へ場所移動です。
 根性ナシです。

 安川と本流の合流点。
 ここも、以前、良型が釣れた良い記憶がありますが、今日はカスリもしません。

 今日は、どうしても竿の比較テストをしたいので、パーツを背負っての釣りですが、アタリが無いことには始まりません。
 小さくてもアタリがほしい…と一気に龍神まで走ることにします。
 彷徨い開始です。絵に描いた撃沈パターンです。

 休日の龍神は人の多い印象でしたが、皆さん上流へ入ったのか中流域には誰もいません。
 道路では寒くなかったのですが、川原は結構ひんやり。
 水がかなり冷たく、手を浸けるとしびれます。
 出会いの大好きな瀬を攻めてみますが、放流サイズ~小型ばかり。
 魚はたくさんいるはずなのに。
 アタリを期待した龍神地区ですが、今回は空振り。
 もう少し水温が上がってから来ようっと。

 日置川~日高川と二つの河川を彷徨って、絵に描いたような撃沈。
 あ~竿のテストがまた遅れる~。

シマノ渓流チーム プロフィール シマノ渓流チーム プロフィール

ぬけさく
定年しても、まだしつこく会社に居座る64歳。
45年前に奈良県の川迫川でアマゴと出会ったのが最初。以後、下手の横好きの典型。最初はエサ釣りからスタートしたが、一時フライにのめり込む。
ただ、英語が苦手なので、和式のエサ釣りに逆戻り。現在はエサ、時々テンカラのスタイル。
モットーは"少なく釣って、たくさん楽しむ&自然の恵みは美味しくいただく"。