フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

シマノ渓流 開発奮闘記

開発者のつぶやき VOL.10 メイストーン NW

製品名: メイストーンNW [Maystone NW]

メイストーンNW [Maystone NW]

 既に横浜のフィッシングショーでご覧になった方もいらっしゃると思いますが、今回はメイストーン NWについてのお話です。

 テンカラの釣りは海外でも徐々にTENKARA FISHINGとして認知され始めているそうです。

 フライフィッシングへの導入として紹介・提案されているだけでなく、そのシンプルなタックル故に、気軽に始められる、続けられる点が受けているそうです。
 そのシンプルさに魅かれて、日本国内でもフライフィッシングやルアーから転向される方が多いと聞きます。
 フライ、ルアーでの釣りと全く同じスタイルで、竿だけを持ち変えれば良いだけですし。

 テンカラ竿とフライロッド。
 ガイドの有無や継ぎ形態の違いがあるわけですが、決定的に違うのは竿の太さです。
 テンカラ竿に較べるとフライロッドの細さのなんたるや…
 あの細さと同じとまではいかなくても、テンカラ竿を可能な限り細く作ることが出来れば、何か面白い提案が出来るのではないか、テンカラの面白さを伝えることが出来るのではないか?
 細身であるフライロッドやルアーロッドと較べた時の違和感も少なく,より親しみやすく、使いやすいのではないか?

 このような想いがメイストーンの企画・開発の出発点の一つとなっています。

 テンカラ竿は振出式です。
 継ぎの部分では確実に太くなりますから、継数は極力少なくする必要があります。
 継数が少ないと、仕舞寸法が長くなり、携帯性を損ねます。
 細くすれば、竿の剛性が下がって柔らかくなります。
 硬くするには高価な高弾性カーボンを使わなくてはなりませんが、高嶺の花にはできません。
 肉厚を上げて硬くすることもできますが、一日振り続ける竿ですから、むやみに重量を増やすことはできません。

 これだけ、あれこれと制約があると、かえって開発担当としては面白い!
 プロトロッドの試作着手までの、試行錯誤が面白いのです…
 話がそれそうなので、元に戻してっと…

 そうして準備したプロトロッドを携えて、一路、釣り場へ。
 同行していただいた師匠(かつてはテンカラで職漁師的なことをしていた時期も…)は、その竿を見て驚愕…
 そんな細い竿だと…・勿論、ネガティブな意見です。

 ですが、このネガティブな意見こそ、狙っていたものです。
 テンカラの釣りに慣れ親しんだ人なら違和感を覚える細身。
 これです!

 そしてもう一つの目指したものが、見た目の違和感とは裏腹に、実際使ってみると、しっかりとテンカラ竿になっていることです。
 当たり前なんですが…

 調子は、キャストしやすい胴に乗る調子設定で、テンカラ歴の浅い釣り人さんでも扱いやすい竿に。
 細身ですが、スパイラルX効果により、ネジレ、竿ブレが少なく、尺アマゴでもしっかりと寄せることができる性能を。

 テストを継続していきますと、テンカラ竿として満足いく調子に仕上がっていることは勿論確認できたわけですが、細身にしたことで新たな利点が見えてきました。

 風切抵抗の少なさです。
 決して軽い竿ではないのですが、細身になったことで非常に風切抵抗が小さくなって、その結果、竿の実重量の割には、一日振っていても楽なのです。

 そして、せっかくの細身なので、先端はリリアンでなく、超感トップを試してみようということで試してみますと、なんと水面下でのアタリまで感じることが出来る!
 とは企画担当 ぬけさく氏の弁。

 考えていた以上に良い面が見えてしまったので、欲が出てしまいます。

 当初は、1アイテム 36のみで進めていたのを、33も作ってみよう!!と…

 そして出来たサンプルを持ってテスト釣行です。
 個人的には、33を推したい!って出来です。
 短い分、より振り軽くなっているのは勿論、36用に作った仕掛けをそのまま使っても、なんの問題もなくキャストできてしまいます。

 勿論、竿が短くなった分、狙えるポイントの範囲は狭くなってしまうのですが、無精者の私としては、少しでも楽して釣りたい!ってことです…

 竿の顔とも言えるグリップ部分には、天然木をあしらった専用グリップを新たに設計し、フライロッド的な雰囲気を演出しています。
 小さい所では、フックキーパー。
 普段から、あったら良いのになぁ、と思っていた便利アイテムです。

 テンカラの釣りに慣れ親しんだ方は、その細身に惑わされるかもしれませんが、是非一度手に取っていただきたいと思います。

 既存のテンカラ竿とは違った雰囲気を醸し出しつつも、誰にでも使い勝手の良い調子と振り軽さを実感していただけると思います。

 いよいよ次回は、解禁直後の釣行記となるかも…