フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

シマノ渓流 開発奮闘記

開発者のつぶやき VOL.9 テンカラBB キット

製品名: テンカラ BB キット [TENKARA BB KIT]

テンカラ BB キット [TENKARA BB KIT]

 2018年もこの原稿を書いている時点で、既に二週間が過ぎました。

 早い所では、2月に解禁を迎える渓流もありますから、早く準備を整えなくては!と少々焦っております...

 さて、弊社の渓流・本流竿の新製品は既に2017秋より発売されており、企画・開発担当のインプレッションや商品解説を2017の開発奮闘記で紹介しておりますが、2018年の春に発売となる製品がありますので、解禁までの間、それらの製品についてご紹介しておきたいと思います。

 製品は二つ、一つはテンカラ BB キット、もう一つはメイストーン NW。

 今回はテンカラ BB キットについてのお話です。

 製品名からも想像がつくと思いますが、テンカラ釣りに必要な最低限のタックルがキットになった商品です。竿、テンカラ用のライン、毛鉤、簡易仕掛巻で構成されています。
 今回、私が担当したのは竿になりますので、竿についてのお話になります。

 テンカラのキット製品は、既に市場にはいくつも商品が存在しています。
 基本的には、これからテンカラを始めてみたいと考えているお客様に向けた商品で、竿、ライン、テンカラ毛鉤が一まとめになっております。

 最後発となるテンカラ BB キットがこれらと同じでは面白くありません。
 どこで違いを出すか?
 値段?構成内容?デザイン?

 全部を説明すると長々と書かなくてはなりませんので、竿の開発経緯だけお話していきます。

 まずは何と言っても、初めてテンカラ竿を振る人でも安心してご購入いただける竿であることが重要です。
 調子、長さ、価格等々…

 これまで入門者向けに設定していたものが天平テンカラ。
 これをベースに作る案が第一候補として上がります。
 しかしながら、一つ問題が…
 調子です。
 天平テンカラは先調子テンカラ竿で、初めて振るにはちょっと難しい面も…

 とは言いながらも、慣れてくると先調子ならではの操作性の良さを活かして、ピンポイント狙い撃ちでの、テンポの良い釣りを展開できるようになります。
 これが初心者ではバックキャスト時にラインの重みが竿に乗った感覚がつかみ辛いのです。

 十分に竿に重みが乗ったかがわからないので、リリースのタイミングが合わない。
 結果、仕掛けが前方に伸びない。
 釣りにならない。
 難しい…
 負のスパイラルです。
 これでは、せっかくご購入いただいても、テンカラの釣りを続けてみる気にならないお客様も出てくることが想像できます。

 また、胴の張った竿はキャスティング時に手首にかかる負担が大きく、下手すると傷めてしまいます。

 となると、ある程度、胴に乗る調子が必要です。
 そうして、新規に竿を設計することになりました。

 しかし、設計確定まで残り二か月もないタイミング。
 そうは言っても、ここは妥協できません。
 となると、如何に短期間で効率よく設計を行うか?

 何かと抱き合わせです…
 ちょうどタイミングよくパックテンカラZWの設計の真っ最中!
 これとコラボです。

 ※開発者のつぶやき VOL.7 パックテンカラ ZW

 何故か、こういう事だけはタイミングが良いのです。
 釣りのタイミングは外しまくってますが…

 この時点でパックテンカラはテンカラ大王こと、石垣先生による調子監修もほぼ完了目前。
 となれば、これを流用すれば仕事は速いのです...
 あとは、いかにコストの壁を攻略するか?
 キットの価格はパックテンカラZWよりもさらに下。
 この価格でここまでやって良いの?を目指して設計開始です!

 妥協できる部分は妥協して、妥協できない部分は価格不相応な(?)贅沢な設計を残し…
 そして出来上がった調子サンプルを使い込んで…"

 入門者用の竿で、ここまでやってしまって良いのやら?
 完全に自画自賛の世界です…
 今回のキットで採用した専用のテンカララインとも相性良いです!

 この竿とこのテンカララインであれば、テンカラ未体験の方でも気づけばラインが狙った場所に伸びていくはずです。
 勿論、テンカラの振込に慣れてきたら、レベルラインの釣りにも挑戦していただきたい。

 当たり前ですがレベルラインとの相性も悪くありません。
 個人的にはレベルラインの方が好みなので、テスト終了後は、もっぱらレベルラインを使っていますが、使い勝手は◎!

 肝心の竿の使い方のコツは、「竿任せ」…

 TENKARA三兄弟も同じなんですが、飛ばそうとして力を入れてはいけません。
 竿任せと言うか、竿のしなり任せでOK。
 力んでしまうと竿のしなりが活かせず、毛鉤は失速して、目標手前に落ちてしまいます…
 キャスティング時に竿を止める角度さえ間違っていなければ、仕掛けは前方に勝手に伸びてくれます。
 ようこそ渓流釣りの世界へ!のvol.22をご覧いただければ、より分かりやすいかと思います。

 このキットをご購入いただければ、初めての一尾までは、そう遠い道のりではないと思います。

 初心者でない人にも、サブロッドとしてではなく、メインロッドとして十分にお奨めします。

 ズーム機能は不要、でも渓流テンカラZLやパックテンカラZWの調子が欲しい、とお考えの方、是非、ご検討ください。