フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

シマノ渓流 開発奮闘記

開発者のつぶやき VOL.7 パックテンカラ ZW

製品名: パックテンカラ ZW

パックテンカラ ZW

 渓流TENKARAを2012年に、本流TENKARAを2015年にリリースして、
 それぞれ、渓流域、本流域をカバーするテンカラ竿が揃いました。
 そして今回、源流域までをカバーすることが出来るPACK TENKARAをリリースいたしました。
 これによりTENKARA三兄弟が揃って、上流域から下流域までをこの一連のシリーズでカバーできることになります。

 竿の調子は兄貴分である渓流TENKARA、本流TENKARAと同様に、胴に乗せやすく、
 レベルラインを飛ばすのに適した設計となっております。
 そしてこの竿の何よりの特徴は、これまで最も短い仕舞である渓峰テンカラ、天平テンカラよりさらに短い41cmとなる仕舞寸法にあります。
 この長さは日帰りハイクに丁度良い大きさのデイパックにスッポリと収納可能な設定です。

 そして渓流TENKARA同様に、川相に応じて長さを選択できるようにズーム機構を搭載していますが、仕舞寸法を優先して、ズーム幅は30cmに設定しています。
 調子バランスはズームを伸ばした状態でベストとなるように設計されていますので、ズームを縮めた状態ではややピンピンしたように感じるかもしれません。

 TENKARA三兄弟では、もっとも源流志向の竿となっていますが、一般的な渓流域でも十二分にご使用いただける仕上がりです。
 レベルラインを扱いやすい調子になっておりますので、いつもより若干長めに仕掛けを設定して、3.6mの竿を使う時と同じポイントに毛鉤を打ち込むことも可能です。

 また、魚を掛けてから最も仕事をしてもらいたい竿の中間部から元竿までが比較的肉厚に設計されていますので、思わぬ大物を掛けても十分に対応できる設計としています。

 源流釣行に安心して携行できる竿をお探しのテンカラ師のみならず、一般的な渓流域がメインのテンカラ師の皆様にも十分ご満足いただける竿に仕上がっていると思います。