フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

シマノ渓流 開発奮闘記

開発者のつぶやき VOL.1 スーパーゲーム ベイシス H70-75ZP

製品名: スーパーゲーム ベイシス H70-75ZP

スーパーゲーム ベイシス H70-75ZP

 春にスタートしました「シマノ渓流 開発奮闘記」もこれまで順調に(?)連載を続けてこられました。
 これもひとえに気長にこのページを訪問してくださるみなさまのおかげです。
あらためて、御礼申し上げます。

 これまで当ブログでは開発スタッフの「渓流彷徨い日記」とシマノインストラクターからの投稿「エキスパートたちの気が向けばブログ」と釣行記をお届けしてまいりました。

 「シマノ開発陣が創り上げた竿にこめる想いをこの場を通じてお伝えし、みなさまがより渓流釣りを楽しんでいただく一助に…」という当ブログの趣旨の一環として、我々が心をこめて創り上げた竿の側面 ― カタログ等とは違った観点からお伝えする製品の特長を「開発者のつぶやき」と題してご紹介したいと思います。

 第一弾はそのコストパフォーマンスが特徴のスーパーゲーム ベイシスシリーズから H70-75ZPのご紹介です。

 昨秋、スーパーゲーム ベイシスに2つのアイテムが追加発売されました。
まずは、そのうちの1つ、H70-75ZPの紹介です。

 さてH70-75ですが、この竿はダムなどから渓流域へ遡上してくる大型渓流魚をターゲットにしています。
 ダム湖の環境次第ではサツキマス・サクラマスと同等の大きさに成長した渓流魚が遡上してきますが、一般的な小継渓流竿ではその重量や強引な引きに耐えることができません。
 本流竿では長くて渓流域で竿を振ることが難しくなります。
 そこで渓流域でも扱いやすい7mという長さに本流竿の設計思想を盛り込み、また、やや開けた場所ではズーム機構が使えます。
 7.5mの竿として使うことで、川規模が目まぐるしく変化する渓流域での対応力をもたせています。

 肉厚設計でありながら竿を必要以上に硬くし過ぎず、また、パラボラチューン設計の効果もあって、魚を掛けたら竿を絞り込んでタメやすい調子に仕上がっています。
 サイズやその時のシチュエーションにもよりますが、アワセで後手を踏んでも立て直しやすいのも特徴です。

 また、胴に入りやすい調子の竿はアキュラシィ(振り込みの精度、正確性)が良くないというのが定説のようになっていますが、この竿の場合、重量面では小継渓流竿には敵わないものの、アキュラシィは非常に高く、狙ったポイントへ仕掛けを打ち込むのはごく普通の動作。
 ある程度の細糸であれば、一般的な渓流釣りであっても十分に楽しむことができますし、
硬過ぎない調子ゆえに、レギュラーサイズ(20cm前後?)であっても魚の引きを十分に堪能していただけます。
 ただ、竿が強いので、あまり細い糸で大きな魚を掛けてしまうとアワセ切れしやすいので、手尻は長めにとっておくことがこの竿を使う時のポイントです。
 私はズームアップした状態に対して50cmの手尻を取るようにしています。

昨年、シーズン終盤の釣りでの釣果の一部。
こんなサイズでも竿が硬過ぎないので、十分に引きを楽しむことができます。
魚たちは、翌年さらに一回り大きくなって遊んでもらうため、
全てお帰りいただきました。