フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

シマノ渓流 開発奮闘記

渓流彷徨い日記 Vol.117 手取川サーモンフィッシング2020

釣行日
2020年11月20日(金)&21日(土)
場所
石川県 白山市 手取川右岸
天候
20日(金)晴→強雨→晴、向かい風 / 21日(土)雨→晴、横風
釣果
2日通して丸ボーズ
使用ロッド
スーパーゲーム ベイシス サーモン NP、スーパースペシャル サーモン ZP
仕掛け
道糸:ナイロン5号、リーダー ホンテロン5号(サルカン接続)
オモリ:1号~1.5号
ハリ:サケ用15号
エサ:サンマ塩締め
釣り人
ちぬ

二日目の朝です。目覚ましが鳴る前に目が覚めました。とりあえず外の状況を確認。昨晩、期待していた雨が降っていたのですが、今の状況は?

爆風です…昨日の向かい風とは比べ物にならない…終わった…
いきなりの意気消沈ですが、このまま帰ることは出来ません。この日も6:30を過ぎた頃合いでの現地着です。
釣り支度が終わった頃には、意外と風は収まっていました。あるにはありますが、昨日とは違って、川の下流から上流へ向けての風。これなら普通に仕事ができますので、一安心。
まずは、どこに入るか、場所探しです。昨晩の雨で、水量は増えてますが、かなりの濁りが入っています。捕食行動が活発なら、視覚だけでなく嗅覚でもエサに反応しますが、遡上してきたサケは、基本的にエサを食べません。威嚇行動として、目の前に流れてきたエサに噛み付くため、濁りがきつ過ぎるこの状況では、この日もまた苦戦が予想されます。

そしてこの日もしばらくして虹。またか?またです。昨日と違って気温が下がっているので、雨の冷たさが堪えます。それでも竿を振れる間は振り続けます。

雨はほんの一時、通り雨でした。そして変なアタリが??

モクズガニでした。

昨年の記事で「季節の良い時期に登ったろ!」と言っていた白山、登ってきましたよ!

今年も雲の合間から顔を覗かせてくれましたが、雪はちょっと少なめですね。
来年も、季節の良い時期にまた登ったろ!

このあと、濁りがさらにきつくなりつつも、SZ氏がアタリを捉えて、一矢報いかけましたが、針に乗らず。

2020は二人して丸ボーズの惨敗で終了となりました。
釣果報告を提出して、来年も来ます!と宣言して岐路に着いたのでした。

シマノ渓流チーム プロフィール シマノ渓流チーム プロフィール

ちぬ
渓流、本流竿、鮎竿、チヌかかり竿、ワカサギ穂先の開発をおもに担当。
最近は老眼が気になり始めた昭和のオジサン。
渓流、チヌかかり釣りをメインに年間釣行日数は約40~50日。数より型派。
人の言うことをあまり聞かない性格のせいか、釣りの技術は伸び悩み。
鮎入れ掛かりブログにも、2年に1回くらいは顔を出す。