フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記

シマノ渓流 開発奮闘記

エキスパートたちの気が向けばブログ VOL.1 4月になればテンカラで…

釣行日
2017年4月5日(水)
場所
和歌山県 日置川水系
天候
晴れのち曇り
水況
超渇水
釣果
まずまず?
使用ロッド
渓峰テンカラ NX LLS 36
仕掛け
ライン:フロロ 4号 5.1m
ハリス:フロロ 1.2号 1.5m
ハリ:12号 蓑毛グリズリー、胴黄色 使用。
釣り人
モーリー

 夕方、午後3時に入渓。
 午後から曇り、ひょっとしたらライズが有るかも?と淡い期待で沢へ降りて来たが、入渓時、確認すると超渇水である。
 不安のなか、ラインをセットし、1投目、毛鉤をポイントへ送り込むが反応がない…。
2投、3投、ダメ。
 次のポイントへ移動し、毛鉤を投げ、下流へ引くと魚の影が見えたが、反転し、消えてしまった。
 やはり活性が悪いようである。

 その後、ポイントへ毛鉤を打ち込みながら上流へ移動する。
 約30分後、泡立ちのポイントへ打ち込み、下流へ引くと水面に微妙な変化が有り、アマゴの反転を確認。素早く合わすとアマゴが水面から跳びだし、タモに納まった。

その後数匹を掛け、本日の釣りは終りとしました。

シマノ渓流チーム プロフィール シマノ渓流チーム プロフィール

モーリー
シマノ鮎フィールドテスター。
数々の大会にも出場する鮎のトーナメンターである一方、オフシーズンには地元・日置川水系を中心にテンカラを主に渓流釣りを楽しんでいる。