フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

シマノ渓流 開発奮闘記

渓流彷徨い日記 VOL.13 やはりエサは元気でないと…

釣行日
2017年4月1日(土)
場所
和歌山県 日高川 龍神 上流
天候
水況
減水
釣果
きびし~い 平均16cm(最大21cm)
使用ロッド
プロトA
仕掛け
天上糸:フロロ 0.4号
水中糸:フロロ 0.2号
オモリ:4~5号
ハリ:5号
エサ:キンパク
釣り人
ぬけさく

 そろそろ激戦区 龍神へ出動です。
 民宿 せせらぎさんのご主人にポイントのアドバイスと車を停めるところを教えてもらいます。
 とりあえず降り口で、写真をパチリ。

 まもなくして、龍神初アマゴ。
 かわいい顔の龍神アマゴです。

 同じアマゴでも川によって顔つきが異なります。

 3匹釣った後、激渋状態。
 アタリは少なく、出てもシビア。
 唯一複数匹釣れたポイント。

 こんな好きなポイントも1匹のみ。

 釣れないと写真も少なくなってしまいます。
 当然、魚の写真も有りません。
 釣れなかったポイントの写真も撮る気がしません。
 よく釣れても夢中になって写真を撮る間がありませんが…。

 夕方はせせらぎさんの周りに入ります。
 釣れないのだから早く上がればいいのになかなかやめられません。
 なぜか?

 このポイントはどんな魚がいるのだろう。
 あのポイントはどんなアタリが出るのだろう。…と、ついつい。
 いいポイントの続く川はなかなかやめられません。
 また、薄暗くなるまでやってしまいました。

 今日のキンパクは、前回の美山川の残りです。
 元気なものもいますが、ハリを刺すと丸くなるやつもいます。
 そもそも渓流釣りは、その川で捕った川虫をエサにして釣るのが本来の姿だと思うのですが、川虫を捕る時間と労力がもったいなくてついつい無精して購入してしまいます。

 瀬肩の石を足で蹴飛ばすと、シマゲラが入りました。
 このシマゲラをエサにして流すとこの日一番の良型がパクッと。

 やはりエサは元気でないと…

シマノ渓流チーム プロフィール シマノ渓流チーム プロフィール

ぬけさく
定年しても、まだしつこく会社に居座る63歳。
45年前に奈良県の川迫川でアマゴと出会ったのが最初。以後、下手の横好きの典型。最初はエサ釣りからスタートしたが、一時フライにのめり込む。
ただ、英語が苦手なので、和式のエサ釣りに逆戻り。現在はエサ、時々テンカラのスタイル。
モットーは"少なく釣って、たくさん楽しむ&自然の恵みは美味しくいただく"。