フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

シマノ渓流 開発奮闘記

エキスパートたちの気が向けばブログ Vol.15 長良川の本流アマゴに挑戦!

釣行日
2019年5月2日(木)
場所(水況)
長良川 郡上(20cm高)
天候
晴れ
釣果
10尾 平均20cm(最大25cm)
使用ロッド
渓峰本流ZF 80-85、ボーダレスGL R720-T
仕掛け
天上糸:フロロ 0.6号
水中糸:フロロ 0.2号
オモリ:B~3B
ハリ:4号
エサ:川虫いろいろ
釣り人
おざわあに

 ゴールデンウィーク。長良川の本流アマゴに挑戦です。
 実は昨年のゴールデンウィークにも長良川本流に挑戦したのですが、見事に惨敗。
 長良川をホームとするベテランの釣り人がデンデンアマゴを15~20尾も釣っているのにボクは1~3尾。
 ボクが地元の谷川で行っている軽いオモリでフワフワ流す釣り方が、長良川本流では全く通用しないのです。
 去年のシーズンオフに、鮎釣りを通して知り合った本流釣りの名手にいろいろ教えてもらいました。
 決定的に違うのは竿の長さとオモリの大きさ。本流では竿は長く、オモリも大きいのです。それに流し方も違います。
 そこで今回は本流用に渓峰本流ZF 80-85とボーダレスGL R720-Tの2本を用意しました。オモリはB~3Bで2B基本。
 流し方は「シマノTV」の動画を観て勉強しました。

 その結果は…
 大和地区から白鳥地区まで、車でウロウロして、何とか10尾。目標としていたツ抜けを達成することができました!

 良型が出たのは、大和地区の杉ヶ瀬ヤナから万場橋下流。数は白鳥地区が良さそうな感じでした。

 今回、瀬では「ボーダレスGL R720-T」を使いました。ある程度狙った筋を細かく振り込んでいく瀬の釣りでは、このくらいの長さが使いやすいです。振り込みやすく、目印もブレず、アタリの感度もバッチリでした。
 川遊びが好きな人は、友釣りにもアマゴ釣りにも使える万能竿としてとても重宝すると思います。
 広く開けた平瀬や淵が多いポイントでは長い方が有利なので渓峰本流ZF 80-85を使いました。
 慣れない長竿で使いこなせるかなと思っていましたが、両手持ちで使えば、振り込みからアタリをとってガツンとアワセるまで、ストレスなく行えました。
 竿が長い方が遠くを探れるというよりも、エサが浮き上がらずにしっかり底に入って、ゆっくりきれいに流れる距離が長いことが大きな利点だと思います。
 また大きいアマゴが掛かったときに、すごいスピードで下流に走られ、ついて行くのに往生しましたが、やはり竿が長い方がタメが利き、余裕があるので良型が掛かったときにはかなり有利と思います。

 そんなこんなで、今年のゴールデンウィークは憧れの長良川本流のデンデンアマゴを楽しむことが出来たのでした。

シマノ渓流チーム プロフィール シマノ渓流チーム プロフィール

おざわあに
シマノ 鮎インストラクター
1965年生まれ。愛知県豊田市在住。ホームグラウンド・巴川。引き釣り・インライン釣法を武器に01年第17回・02年第18回シマノジャパンカップ連覇、08年第24回・12年第28回大会でも全国制覇。ジャパンカップ4勝は過去最高。
シーズン前には渓流も楽しむ。