フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

シマノ渓流 開発奮闘記

渓流彷徨い日記 VOL.78 葛根湯を飲みながら

釣行日
2019年03月23日(土)
場所(水況)
和歌山県有田川(平水?)
天候
晴れのち曇り
釣果
よしよし 平均18cm(最大21cm)
使用ロッド
攻隼 S硬調60 ZA
仕掛け
天上糸:フロロ 0.4号
水中糸:フロロ 0.2号
オモリ:5号
ハリ:5号
エサ:キンパク
釣り人
ぬけさく

 歳をとってくると風邪を引きやすくなるようです。もともと体は弱いのですが…昨日から喉が痛くなり始めました。嫁はんに言うと「釣りに行ったらダメです!」と言われるので、内緒でこそっと葛根湯を飲みます。嫁はんとこつぶ(ペット)を起こさないように、こそっと家を出ます。今日の行先は前回に続き有田川。
 今日は、前回の午後から釣った場所の続きから始めます。

 一投目からアタリがあります。17cm。2投目もアタリがあります。また17cm。よしよし。…今日はいい日?…そのまま続くわけがありません。渓流釣りはそんなもんです。釣果は歩く距離に比例するのです。

 いくつかのポイントを打った後、このポイント。水深は無いのですが、少し良いサイズが来ました。

 少しポッチャリ気味のアマゴです。

 さらに釣り上ると、でっかい堰堤が。…あらら。越えられるのか。

 堰堤下には大物が潜んでそうな深みがありますが、数投して諦めます。どうもこういうポイントは苦手。釣り方が分からないのです。
 何とか堰堤を超えると、こんなポイントがありました。

 下手はプールのように流れがありません。

 こういう淵も苦手なんですが(どこが得意やねん!)ガン玉5号でフワフワと流してみます。すると、目印がスーッと入って一回りいいサイズが来ました。

 このフワフワ釣法で数匹。次はガン玉Bを上打ちしてしっかり沈めて2匹。まずまずです。

 さらに上って行くと、両側から岩が出っ張った場所。私には遡行が無理。前半終了です。

 後半は、私の好きな開けたポイントで釣ります。写真手前のテトラの際と、写真右手の護岸の際がポイント…かな。

 護岸の際で来た20cmクラス。

 後半も良さげなポイントではアタリがあり、寒の戻りにしては楽しめました。

 普段ならあと1時間ぐらいは竿を出すのですが、明日、グランフロントのシマノスクエアでイベントをしなければならないので「今日は、これくらいにしといたろ」とつぶやきながら早めに上がります。

シマノ渓流チーム プロフィール シマノ渓流チーム プロフィール

ぬけさく
定年しても、まだしつこく会社に居座る65歳。
45年前に奈良県の川迫川でアマゴと出会ったのが最初。以後、下手の横好きの典型。最初はエサ釣りからスタートしたが、一時フライにのめり込む。
ただ、英語が苦手なので、和式のエサ釣りに逆戻り。現在はエサ、時々テンカラのスタイル。
モットーは"少なく釣って、たくさん楽しむ&自然の恵みは美味しくいただく"。