フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

シマノ渓流 開発奮闘記

渓流彷徨い日記 VOL.77 詳しく聞いたつもりが

釣行日
2019年03月20日(水)
場所(水況)
和歌山県有田川(平水?)
天候
晴れ
釣果
午前:撃沈/午後:ぼちぼち 平均18cm(最大23cm)
使用ロッド
攻隼 S硬調60 ZA
仕掛け
天上糸:フロロ 0.4号
水中糸:フロロ 0.2号
オモリ:4~5号
ハリ:5号
エサ:キンパク
釣り人
ぬけさく

 前回、木の枝と格闘したので、予備の仕掛けが減ってしまいました。仕掛け全体が無くなることは少ないのですが、オモリから下が切れた時、オモリガードを付け直して使いたいのですが、現場で作るわけにはいきません。そこで、前もってオモリガードだけを作ってみました。以前は、他社商品を購入していましたが、入手できなくなったので、自分で作るしかありません。たまには、マメなこともします。

 今日は、今季初の有田川です。梁瀬の花園館に着くと、なんと、有田の鉄人上西さんが仕掛けを作っています。すかさず「釣れるとこ教えてください」とオネダリします。

 最初に入ったポイントはここ。

 堰堤下は大物がいる可能性がありますが、大場所は苦手なのでスルー。堰堤の上から釣り始めますが、アタリがありません。いたるところポイントが砂利で埋まっている感じです。ポイントを聞き間違えたか。しばらく釣り上ってすぐにギブアップ。

 今日は4月下旬の暖かさ。川原からここまで上がってくるだけで、温度調整の効かない私の体は汗が噴き出します。すぐに移動です。

 次に、入ったのがココ。道路から入りやすいのと水量が少ないのとで、かなり釣り荒れている感じです。すぐにギブアップ。また移動です。

 いろんなポイントを知りたいので、初めての場所へ入ってみます。エイヤで降りるとこんなポイントがありました。

 手前のスジにエサを送り込むと、一投目からアタリです。結構、綺麗なアマゴ。

 運が良かったのかこのポイントで3匹。

 さらに上り続けるとしっかりエサを食べた良いサイズも出ました。

 今日一番の良型は23cm。これより大きくなると抜くときにプッツンしそうです。

 結構歩きましたが、ポロポロとアタリがあってそれなりに楽しめました。…さて、どこから上がろうか。辺りを見渡してして運よく上り口を見つけられましたが、初めての場所で一番注意しなければいけないのが帰りの上り口。機嫌よく釣っていると、ついつい時間を忘れがち。帰りの上り口を見つけられない…ということにならないよう、常に意識しながら釣らなければなりません。…と自分に言い聞かせます。

シマノ渓流チーム プロフィール シマノ渓流チーム プロフィール

ぬけさく
定年しても、まだしつこく会社に居座る65歳。
45年前に奈良県の川迫川でアマゴと出会ったのが最初。以後、下手の横好きの典型。最初はエサ釣りからスタートしたが、一時フライにのめり込む。
ただ、英語が苦手なので、和式のエサ釣りに逆戻り。現在はエサ、時々テンカラのスタイル。
モットーは"少なく釣って、たくさん楽しむ&自然の恵みは美味しくいただく"。