フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記

シマノ渓流 開発奮闘記

渓流彷徨い日記 VOL.10 京都のアマゴは垢抜けした顔立ち?

釣行日
2017年3月25日(土)
場所
京都府 美山川
天候
晴れ時々曇り 予想より風強し
水況
やや増水
釣果
結構苦戦 平均17cm 最大20cm
使用ロッド
プロトA
仕掛け
天上糸:フロロ 0.4号
水中糸:フロロ 0.2号
オモリ:5号
ハリ:5号
エサ:キンパク
釣人
ぬけさく

 美山川漁協のHPを見ていると雪シロの濁りが取れてきました…。
 久々に美山川に挑戦です。川原にはまだ雪が残っています。
 まだ水温低いかな?サビは取れているかな?などと心配しながら入川します。

 最初に入ったのがこの辺り。

 向こうのスジ…。
 真ん中のスジ…。
 手前のスジで初アタリ。
 3投目で幸先よし!
 心配していたサビもありません。

 1つ上のポイント。

 1投目はバラシましたが、2投目に一回り良い型が来ました。
 なんとなく京都のアマゴは垢ぬけしているような…。

 さらに、次の1投でもまた1匹。
 大正解!
 今日は何ぼでも釣れそう。
 人生バラ色!…と、いつもの獲らぬ狸の皮算用。この性格は直りません。

 ところがその後、アタリはさっぱり。
 …よくあることですが。
 しかも数年前とは川相が変わって、いいポイントが減ってしまっています。
 釣れないと写真も有りません。

 1ポイントで複数匹釣れたのはここだけ。あとはたまにポロッ。足跡も少ないのに。

 川を上ると、途中で鵜が2羽飛び立ちます。
 …コイツのせい?

 雪がある割には水温も7度と予想よりマシ。

 竿は今回もプロトA。
 手になじんでくると手放せなくなります。
 エサをしっかり咥えてくれるイメージ。
 しかも穂先がしなやかなのにちゃんと合せが利く。
 切れ味鋭い竿です。特に、正面から上流が釣りやすい印象です。

 あまり釣れなかったけど、アマゴは綺麗だったし、人にも会わなかったし、それなりに楽しめました。

シマノ渓流チーム プロフィール シマノ渓流チーム プロフィール

ぬけさく
定年しても、まだしつこく会社に居座る63歳。
45年前に奈良県の川迫川でアマゴと出会ったのが最初。以後、下手の横好きの典型。最初はエサ釣りからスタートしたが、一時フライにのめり込む。
ただ、英語が苦手なので、和式のエサ釣りに逆戻り。現在はエサ、時々テンカラのスタイル。
モットーは"少なく釣って、たくさん楽しむ&自然の恵みは美味しくいただく"。