フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

シマノ渓流 開発奮闘記

渓流彷徨い日記 VOL.05 知らない川は面白い

釣行日
2017年3月11日(土)
場所
和歌山県 前の川・日置川・和田川
天候
晴れ
水況
前の川 下流域:やや減水
日置川本流:平水
和田川 下流域:平水
使用ロッド
小継プロト6.6m – A、小継プロト 6.6m – B
仕掛け
天上糸:0.6
水中糸:0.3、0.25
オモリ:5~6号
ハリ:4~6.5号
エサ:キンパク
釣人
ちぬ

 赤城大沼での氷上ワカサギ釣行から帰宅。
 そのまま仮眠すること3時間。一路、日置川支流の前の川へ向かいました。

 鹿の出没を警戒しつつ、車を走らせること約2時間半。途中、野生生物はタヌキと出くわしたのみで、無事に前の川に到着です。

 過去の経験から、魚が濃いのは上流寄りであり、下流寄りは魚は薄いものの、出れば良型との予想。
 数を釣りたいわけではなく、あくまで良型の引きを楽しみたいので、下流域から釣り始めます。
 水温は6℃少々。決して低いわけでもないのですが、氷点下の気温は、薄くなりつつある頭頂部には堪えます。
 まずは6.6mの小継プロトを使います。この竿とは別にもう一本6.6mの小継プロトを用意していました。基本的には同じ竿なのですが、竿の構造の一部を変更しており、実釣性能の違いを体感できるものかどうかを確認するのが目的です。意図した違いが体感できれば、これはこれで、小継竿としては面白いものができるはず。

 初めに入った場所は、昨年、一昨年ともあまり良い結果を出ていないにせよ、小一時間ほど釣り上がって全くの無反応と言うのは、さすがに厳しい。

 やや上流へ移動して、比較的釣果が安定しているコースに入ります。ここも小一時間程度のコースで、流すポイントを変えながら状況を探りますが、とにかくアタリが出ません。
 正解が得られないまま、コースを歩き通してしまいました。
 さて次はどうするべきか?
 悩みます。

 釣り歩いている最中にも、多くの釣り人の車が上流へ走っていくのを確認していますから、このまま上流へ向かっても、釣り人が多いはずです。魚がこの周辺より多いのは間違いないので、何もないまま終わる可能性は低いはずなのですが、先行者の頭を叩く格好となる可能性もあります。それは出来るだけ避けたい。
色々と考えが頭をよぎりますが、この際なので、まだ入った事のない川に入ってみよう、と言うことで、和田川へ向かうことに決めました。

 川の広さも知りませんし、入川道がどこにあるかも知りませんが、ネットの航空写真で見る限り、良さそうなポイントが点在しているのを確認していたので、前々から気にはなっていた川なのです。

 そして一路、大塔方面へ日置川沿いに北上。鵜の瀬を過ぎた所で、時限通行止め。通行止め解除まで、まだ一時間以上ありますが、引き返すには時間がもったいない。じっと待つのも時間がもったいない。迂回するには時間が掛かり過ぎる。となれば、ここで竿を出すべし。ちょうど近くに入川道の看板が立っているので、一時間ほど、本流で竿を出してみることにしました。
 瀬と言い、淵と言い、川の雰囲気だけは良かったのですが、またしても生命反応を得られないまま、通行止め解除の時間を迎えました。もっとも6.6mの竿で攻め切れる川規模ではないですが…。

 そして、和田川へ到着です。いや狭い。
 どこで竿を出すか?
 6.6mを振れる場所がなかなか見つかりません。
 テンカラなら面白そうな川なんですが、エサで6.6mで流す釣りとなると、非常に場所が限定されてしまいます。
 プライベートなのだから、その時、その場所で楽しめるスタイルで釣りすれば良いのですが、どうも頭が堅くていけません。釣果が伸びない所以です。
 場所を確認しつつ上流へ走りますが、良さそうな場所が見つかっても、川へ下りる場所を探さなくてはなりません。まあ、初めての川の場合、これも楽しみの一つです。誰かが既に開拓しているのはわかり切っているのですが、自分が知らない場所を一つ一つ見つけていくのは探検気分で楽しいものです。

 ようやく決めた場所を釣り上がることしばし、ようやくアマゴが顔を見せてくれました。サイズはこの際、気にしていられません。

 この一尾までに約5時間。型はともかく、一安心です。
この後、一時間ほど釣り歩いて、瀬の開き、淵で5尾を追加。
型は出ませんでしたが、何とか竿を曲げることはできましたので、ランチタイムにします。

いつものようにカップめんと、食後のコーヒーで一息つきます。この時ばかりは、相方がいないと寂しいものです。

 再び川を上流へ向かいながら、ポイントを探します。
ようやくどこからでも入れそうな場所を見つけて、竿をもう一方の6.6mに替えて釣り上がってみることにします。やはりテンカラには面白そうと思いながら、無理やり6.6mです。油断すると、すぐに頭上に木の枝に引っかけてしまいますので、なかなか厄介です。

 気温の上昇に伴い、多くのカゲロウが飛び交っておりますので、ライズが始まるだろうと思っていたら、予想通りライズです。
 すかさず、目印の位置を下げて、浅い水深で餌を流すと、一発でパクッ!
 たまたま餌でも食いましたが、やはり,テンカラが正解だったかもしれません。
 テンカラの用意はしていましたが、ついつい、竿の比較の方に意識が向いていて、テンカラ竿には手が伸びませんでした。
 こちらもプロトの新しい竿だったのに…。
 結局、使った竿は、何となく違いは感じるものの、魚は小さめで、それほど数も出なかったので、結論までには至らずで、もうしばらく使ってみない事には何とも…。
 竿自体はとても使いよい調子でした。

 小一時間釣り上がったところで、この先の楽しみは次回に取っておいて、日置川本流の近露方面に場所を移した方が帰りが楽なので、峠を越えて日置川に向かいます。
 日置川沿いの道は普段から車が通る場所でも切り立った崖のために、路上には多くの落石があります。
 これを避けながら慎重に走行していましたが、ゴン!
 左前輪で石を踏んでしまいました。
 しばらく走行していましたが、そこそこの衝撃があったのと、若干ハンドルが振られ気味なことから、広い場所に出たところで車を停めて左前輪を確認すると、やはりパンクです。サイドウォールが破れており、修理不能。
 せっせとスペアタイヤに交換しましたが、高速走行は不安です。
 まだ2~3時間は釣りが可能な時間が残されているとは言え、下道だけで帰ることを考えると、もうここで釣りを切り上げるしかない(泣)。
 もう寿命を迎えて、今シーズン限りと決めていたスタッドレスタイヤだったのがせめてもの救いです。

シマノ渓流チーム プロフィール シマノ渓流チーム プロフィール

ちぬ
渓流、本流竿、鮎竿、チヌかかり竿、ワカサギ穂先の開発をおもに担当。
最近は老眼が気になり始めた昭和のオジサン。
渓流、チヌかかり釣りをメインに年間釣行日数は約40~50日。数より型派。
人の言うことをあまり聞かない性格のせいか、釣りの技術は伸び悩み。
鮎入れ掛かりブログにも、2年に1回くらいは顔を出す。