フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F. Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート

イヨケン STRONG STYLE

ツイート

201612/1689

VOL. 89 イヨケン アメリカでの好きな食べ物ランキング

Seigo Saito

こんにちは、齋藤静吾です。今回はイヨケンの元気の源、アメリカでの好きな食べ物のランキングを発表しようと思います。

 

 

まずはいきなりランキング1位。ザリガニ。アメリカ南部のメキシコ湾に面したテキサス州、ルイジアナ州、ミシシッピ州などに行くと食べたくなるのがザリガニ。そう、あの田んぼとかで捕まえられるブラックバスの大好物のあれです。

 

 

2015年の開幕戦が行われたテキサス州のオレンジでは、地元で大人気のスパンキーズのザリガニに大満足。試合中にTシャツを着てウエイインをしたこともあり、お店からザリガニ無償提供を受けたほどのザリガニ好きのイヨケンでした。自分も何気に食べるのは早い方だと思っていましたが、イヨケンのザリガニを食べるスピードは尋常ではありませんでした。はっきり言ってザリガニを食べさせたらプロレベル。

 

 

第2位はステーキ。特にリブアイ。1ポンド(約450グラム)くらいはペロリとたいらげるイヨケン。写真はシマノアメリカプロモーショナルスタッフのブレインさんと共に。この時間はイヨケンの英語のお勉強の時間にもなります。シマノプロモーションをアメリカでも可能な限りこなすイヨケンは、シマノアメリカのチームにも常に重宝される存在です。そんなイヨケンをいつも食事に誘ってくれるブレインは、アメリカで生活する上で必要なことを色々と教えてくれる仲間です。そんな仲間と楽しそうにイヨケンは肉を食します。何て書いていますが、一人ステーキも全く苦にならないようで、その様子は彼のSNSでも常にアップされていますね。ちなみに彼が好きな焼き方はミディアムレア。

 

 

そして第3位はカニ。ブルークラブと言われるワタリガニの一種です。ブルークラブとは名前の通り、茹でる前は青い色のカニです。アメリカでも特に北東部の州に行くとこのカニにめぐり会うことができます。このお店ではとりあえず1ダース。ちょっとピリ辛のシーフードシーズニングと一緒に茹でたカニは唇を腫らしながら食べるイメージでしょうか。ザリガニ同様イヨケンのカニを食べるスピードはこれまた猛スピード。のんびり食べているとおかわりをオーダーするくらい、段違いの速さです。硬いハサミは木槌で叩き割って中の身を食します。甲殻類がとにかく好きなところはまるでブラックバスそのもの。食べてバスの気持ちにでもなっているのでしょうか。

 

 

それ以外にもハンバーガーやピザ、朝はパンケーキにエッグベネディクト。食べ物食べているときのイヨケンは幸せそうな顔をしてますね。

 

"日本食は日本で食べればいいでしょ。アメリカにいるときはアメリカの食べ物を思い切り楽しみたいですね。特にザリはやめられない!やっぱりアメリカはザリですよ、ザリ!あんなに旨い物ないでしょ。5ポンド位は軽くいっちゃいますよね。その次はリブアイかなぁ。ステーキ。なんかアメリカ!を食べてる気分になります。レアでもいい位。それからブルークラブ。量が多いように見えて食べるところは少ないですからね。いくらでも食べられますよ。それ以外にもハンバーガーもピザも好きですね。うまい店がたくさんありますよ。そういう店を探すのもトーナメントを回っている際の楽しみの一つですかね。1日で疲れてしまうけど、美味しいもの食って、次の日に備える。だから次の日も戦える。食べなきゃダメですよ、食べなきゃ。パワーつけてガンガン攻めないとね。"ということでした。

 

来年もアメリカ転戦で美味しいものをたくさん食べてくださいね。