フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記

イヨケン STRONG STYLE

ツイート

201508/1226

VOL. 26 たまには気分転換も!

Seigo Saito

こんにちは、齋藤静吾です。今回はバスマスターエリートシリーズ第6戦で大外しをしてしまって、落ち込んでいるかなと思っていたイヨケンと共に数時間だけニューヨーク州シラキューズにあるオナンダガレイクに浮かんできました。

 

「いやぁ、やっちゃいましたよ、第6戦。ちょっと凹みますわぁ、あの成績は。次のトーナメントで10倍返しですわ。で、来年のプリプラでポトマックに行くんですけど、その前にシラキューズで数時間浮かびませんか?」とイヨケン。
お誘いを受けましたので、それでは乗せてください。イヨケンStrong Styleの取材になるようにガッツリ釣っちゃってくださいよ。
で、朝早くから行くつもりが前の晩話し込んでしまったので、朝食をしっかり食べてからの出発。その上、天気は下り坂で湖に浮かべるのは2時間程度。短っ!

 

 

うわっ、キタッ! なんか釣れそうなのでここから始めますね、とマリーナを出てすぐのリップラップの2投目。いきなりロッドをしならせるイヨケン。持ってますねぇ。
「いい引き!」なんてファイトを楽しんでいます。いきなり釣るなんて思っていないのでまだ準備中でしたが、とりあえずシャッターを切ってみました。

 

 

シーズンを通してかなりの期間アメリカにいるので、試合中はもちろんこういったプライベートフィッシングも大事なテストを行える場。
「なかなか楽しませてくれるバスでしたね、いきなり。スイムベイト系に喰ってきてくれました。やっぱり釣りは楽しいっすね。」
初めての湖に浮かんで約2分くらい。この後ちょっと走り回ってニューエリアに向かいました。

 

 

「うわぁっ、スモールですよ、今度は!」
なんだか楽しそうだね、イヨケン。と言ってみると
「イヤァ、だって終わった試合のこと何言ってもやり直せないじゃないですか。そしたら今この時間を楽しむだけですよ。」

 

 

ちょっとしたタックルバランスのズレも見過ごさない。ラインとのバランスが合わなければ、ロッドとリールの組み合わせを替える。ラインの巻き替えをするよりも効率的に色々なタックルセッティングの変更が可能。手早くセッティングを替えたり、ルアーカラーを替えてみたり。試合中はこの時間ももったいないから、こういったプライベートやプラクティスの最中にあらゆるタックルセッティングを試すと言う。

 

 

それにしても楽しそうなイヨケン。
20本くらい釣っていたでしょうか。
あまりにも楽しそうなのでシマノのタックルバランスの良さを試してみたくなり、イヨケンのタックルを借りて数キャスト。するとイヨケンにまたフィッシュオン!やっぱりたくさん釣るねぇ、なんて思っていたら僕の投げていたトップウォータープラグが水中に引き込まれ、イヨケンとダブルヒット!

 

 

せっかくのダブルヒットなので写真撮りましょう、とイヨケン。あ、そう、じゃ、イヨケンがシャッター押してね。でもって、僕は自分のバスが大きく見えるように魔法をかけてみました。
2時間弱の実釣でしたが、タックルテストといい気分転換になったようです。この日もイヨケンは沢山笑っていました。イヨケンがバスフィッシングを楽しんでいることが良くわかる数時間でした。こうやって釣りの楽しさを出会った人たちに伝えていくのでしょうね。僕も久しぶりにバスに触りました。楽しい時間をありがとうございました。