フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート

イヨケン STRONG STYLE

ツイート

201504/0807

VOL. 07 地元とのつながりを大事にするイヨケン

Seigo Saito

こんにちは、齋藤静吾です。

 

先日のバスマスターエリートシリーズ初戦サビンリバー戦のウエイインをインターネットでご覧になった方はいらっしゃいましたか。
伊豫部選手のウエイイン、会場では非常に盛り上がりました。

 


地元レストラン・SPANKY’Sのシャツを連日トーナメントシャツの下に着て登場したイヨケン。

 

"テキサスとルイジアナの州境だし名物のザリガニ食いに行きません?"とイヨケンから誘われてザリガニ好きの僕としては断りきれませんでした。
プラクティス初日の同船取材後に二人で地元のSPANKY’S にザリを食べに行きました。

 


大好きなザリガニを目の前にして大喜びのイヨケン。

 

"僕ね、アメリカンフード全般なんでもいけるんですけど、実はザリが一番好きなんですよ。
昔アメリカに初めて来た時に出してもらって、それ以来ザリガニには目がないんです。"
ザリガニを剥きながらイヨケンが語ってきました。
実は僕も大好きなんだよね、と話は大盛り上がり。
日本の方には馴染みは無いかもしれませんが、アメリカ南部では2月以降はザリガニがシーズン真っ盛り。
特にトーナメント開催地のテキサス東部、ルイジアナ州辺りではスパイスの効いたケイジャン料理(地元で採れる素材で作るシンプルな庶民的料理)として愛されています。
新鮮なザリガニを調理してくれれば泥臭さも全くなく、このぐらいの量ならペロリといけちゃいます。
しかもイヨケン、異様なほど食べるのが早い。
僕もかなり得意な方だけど、僕が半分食べている間に全て食して同じ量をさらに追加オーダーしていました。笑

 

トーナメント期間中、イヨケンは毎晩この店でザリガニを食べたそうです。
試合前夜にお店のロゴの入った緑のTシャツを購入してお土産にすると言っていました。
しかし、それには裏が。
ウエイインに着て行っちゃおう、というものです。
初日のウエイインステージで検量が終わった後の司会のデーブ・マーサーとのやりとり。
"I love Texas!I love Crawfish!" (テキサス大好きだぜ!ザリガニ大好きだぜ!)
と会場を盛り上げ、 デーブに慣れない英語でトーナメントシャツをめくってくれ、とお願い。
シャツをめくるなんて嫌だよ、と言われながらも無理やりシャツをめくらせると、現れたのが一番上の写真の左側の緑のSPANKY’SのTシャツ。
イヨケンが"4日連続で食べに行っているんだ"と言うと、司会のデーブは"今晩も行くのか?"との返し。
イヨケンは"Of Course!"(もちろん!)。
これで会場のボルテージは最高潮に達しました。

 

その夜、1時間待ちでありながらもSPANKY’Sに再びザリガニを食べに行ったイヨケン。
お店に着くとマネージャーから"今日は会場でうちの店を宣伝してくれてありがとう!お店からザリガニを5ポンドプレゼントさせてくれよ。このシャツもあげるから明日もやってくれたらまたザリガニプレゼントするぜ~"
とエンジ色のシャツをプレゼントされていました。
そして仕込んで翌日もステージに現れたのが一番上の右の写真。

 


本当に嬉しそうに美味しそうにザリを食していたイヨケン。食べては殻を赤いバケツに投げ入れていく、これが本場スタイル。

 

"いやぁ、嬉しいですね。英語の喋れない僕のウエイインを見てくれていたなんて。
こういう出会いが僕は好きなんです。楽しいじゃないですか。
僕のウエイインを会場で見てくれた人が、帰りにSPANKY’Sで食事して帰ろうかってなってくれれば万々歳。
僕らがここでトーナメントをすることに意味って出てきますよね。
本当小さなことかもしれないですけれど、こういうことを大事にやって行きたいですね。
地元との繋がりってとても素敵なことだと思います。
そういう方やファンの方がいるから僕らは釣りができると思うんですよ。これは日本にいてもアメリカに来ても変わらないです。"

 

僕自身はイヨケンの日本での姿を生で見たことがありません。
SNSやブログで見るファンや地元を大事にする彼、多分アメリカで見ているこの彼の姿とあまり変わらないんだろうな、と思います。
"日本のみんなにも自分がアメリカで体験していることを少しでも見てもらえれば嬉しい"と常に口にするイヨケン。
そんな彼の姿をお伝えするキッカケになれればと思います。
今後もトーナメント活動以外のことも情報発信予定ですのでお見逃しなく。
次戦は4月9日~12日のレイク・ガンターズビル戦。