フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2018

鮎入れ掛かり!?ブログ 2020

VOL.21 上北山:過去の釣れたポイントめぐり

釣行日
2020年6月17日(水)
天候
晴時々曇り
場所(水況)
奈良県上北山川支流小橡&本流西原地区(減水)
釣果
23匹 平均15cm(最大17cm)
使用ロッド
SPECIAL プロト
仕掛け
LIMITEDPRO完全仕掛け METAMAGNUMⅡ0.05号
フロロ0.15号
ハナカンハリス:0.5号
ハリ:虎6.5号3本イカリ

関西屈指のトーナメンターTKさんが2時半までで62匹。そんな景気の良い話を聞くと、それなら私でも30匹は釣れるやろと、いつもの 甘い考えで出動します。
そのTKさんと小橡で落ち合います。TKさんのオトリ缶を覗くと元気そうな鮎がいっぱい。思わず2匹借りるところを3匹借りてしまいました。
とりあえず去年の解禁日に入った瀬肩のトロに入ってみます。今年の解禁日に入れなくて気になっていたのです。

石も去年より少なくなっています。垢も充分とは言えません。しかも前日よりさらに減水。いやな予感。
1匹目はそんなに時間がかからずに来ましたが、2匹目は随分かかってしまいました。そして、3匹目はコレ。抜いた瞬間、色がやけに赤っぽく感じました。

しばらく探りましたが間もなくギブアップ。彷徨い開始です。
次に今年の解禁日に開発のモロコ君が百匹釣ったというポイントへ。

ここだと思って釣っていましたが後で聞くと、ここではなかったようです。人の話はちゃんと聞かないと。

次は今年の解禁日にTKさんが70匹釣ったというポイントへ。

気が付くと"過去の釣れたポイントめぐり"です。発想が貧困なのです。案の定ことごとく撃沈。
最後はTKさんと一緒に最上流の西原地区。アマゴ釣りにも来たことがない場所です。
この段々瀬で6つ。

この瀬落ちの深場で2つ。

ここでも厳しい結果に。厳しいと言いながらもTKさんはちゃんと40匹はキープ。しかも早上がりで。私はその半分。せっかくのチャンスなんやから、横で釣り方を勉強すればいいのに。

今日のぬけさくの鮎釣りダイエットは下記の通り。
56.0kg ⇒ 55.6kg -0.4kg

なんとなく体が軽くなってきたような。依然とお腹はへこまんけど。

釣り人 ぬけさく