フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2018

鮎入れ掛かり!?ブログ 2020

VOL.08 ぬけさく目線の新竿紹介:Elegant Attacker ZM

製品名: エレガントアタッカー ZM[Elegant Attacker ZM]

エレガントアタッカー ZM[Elegant Attacker ZM]

新竿ではありませんが、最近改めて魅力を感じている竿がこのElegant Attacker ZM。
シマノのラインナップの中でひときわ異彩を放つ存在です。こうやって展示してみるとその存在感が際立ちます。85-88という絶妙のセッティング。東北の巨匠、伊藤稔さんと若手のホープ沓澤さんコンビが手掛けた名竿です。

以前から、泳がせ釣りの聖地日置川では、9m以上が有利とされていました。その日置川のヌシで泳がせ名人の森清さんも「日置川は9m以上でないと。85は要らん」と言ってほとんど眼中になかった様子。

去年、その森清さんに「そう言わんと、一回使うてみ!」と、このElegant Attackerを渡すと、シーズン最後には絶賛の評価。「ブレへんし、抜け方が上品やな。なにしろ楽やな。日置川でも十分やな。さすがやわ。」...昔の日置川は、深いトロ場を泳がせるとズドーンと目印がブッ飛ぶのが魅力でしたが、最近はそういうポイントが減り、比較的浅場で釣れる傾向になっている、と分析。85で十分対応できるということのようです。「白いリミプロベストともピッタリ」とコーディネートにうるさい森のお宿の奥さんも絶賛。85なので女性の方にも扱いやすい竿です。シマノで一番鮎を釣る男KJさんもこの竿でどんどん釣果を伸ばしています。

調子は、しっかり目の先調子ですがソリッド穂先なので繊細な操作ができるのと小さいオトリも使えます。

私が特に注目しているのは30cmのアクションズーム。85竿尻トントンで仕掛けを合わせると88にズームアップした時に30cmマイナス手尻になります。この状態では上飛ばしがしやすいだけでなく、ヘチギリギリ狙いも圧倒的にしやすくなります。鮎が掛かるとズームインして抜いてやると言う使い方が今私のマイブーム。(ちょっと古い?)小太刀の紹介の時にも言うたか...。

ところでこの投稿で2020年の「ぬけさく目線の新竿紹介」は一旦おしまい。鮎が解禁しましたら、また皆さんに釣行記をご報告させていただきます。3月1日からは、しばらくの間、紀伊半島の渓流を巡ります。その間の釣行記は「シマノ渓流 開発奮闘記渓流彷徨い日記」に投稿させていただきますので、こちらも暇な方だけ覗いてみてください。

釣人:ぬけさく