フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2018

鮎入れ掛かり!?ブログ 2019

VOL.78 竿納めはありません

実は、今季最後の竿納めのブログには、少し秋めいた川原の風景や少しサビかけた鮎の写真を載せて、「まだまだいけそうですが、これにて今年の竿納めとします。」…というようなことを書こうかと思っていました。…が、前回の日高川の釣行で下半身が冷えた影響か、腰痛と痔が再発。仕方なく、しばらく釣行を自粛していました。…ただ、未練たらしく鮎用品は片付けずに置いておいたのは毎年のこと。万が一、最後に、散り際の入れ掛りがあった時に出動できるようにと…。しかしながら、風が冷たくなってくると、自然とテンションが下がり出します…和歌山県内水面漁連の情報を眺めながら、無理せんとこ、無理せんとこと延ばし延ばしにしていると、ついに気持ちが萎えてしまいました。
本来は、やはり竿納めと称して釣行し、釣れても釣れなくてもこれが今シーズンの最後と区切りをつけた方が良いのですが、やっぱり今年も尻切れトンボ。で、お世話になった道具を点検してしばしのお別れです。

今年は41回の釣行で952匹。回数は増えたのですが、1日当たりの釣果は減りました。上手い人たちから学んだものを少しも身に付けていないからでしょう。釣友のKJさんは、今シーズン1489匹も釣り、今年も“シマノで一番鮎を釣る男”になりました。私の1.5倍です。この差は何なのか。腕の差、歳の差、道具の差?…KJさんは歳は私より6歳若いのですが、それだけではこの差になりません。道具も当然シマノの竿と仕掛けです。とすると、腕の差か。特に、ポイントを見極める眼力に差が…結局はそこかぁ~。
今シーズンも、この稚拙なブログにお付き合いいただいた皆様、誠にありがとうございました。来年もよろしくお付き合いください。ちなみに、年明けのフィッシングショーではしつこくシマノブースに立っている…かも知れません。腰と痔が治れば。たぶんですが…。見かけたら気軽に声を掛けてください。特徴は、身長163cm、顔大きい、白髪増えた、スタッフのなかで一番歳くっている。

釣人:ぬけさく