フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2018

鮎入れ掛かり!?ブログ 2019

VOL.71 有田川:なんちゅう日や!

釣行日
2019年9月29日(日)
場所(水況)
和歌山県 有田川下流部
天候
曇り
釣果
29匹 平均15cm(最大19cm)
使用ロッド
プロト
仕掛け
メタマグナムⅡ0.05号
ハナカンハリス:0.5号
背バリ:ナシ
ハリ:龍6.5号3本イカリ
釣り人
ぬけさく

朝、8時半に岡本オトリ店に到着。日曜日なので人が多いのは覚悟していました。特に中央大橋から下流が混雑しているらしいので、川口辺りに入ろうかと思いながら、ちょこっと寄り道して中央大橋を覗いてみます。入りたいところに2人ならんでいます。「やっぱりな、しゃぁないな」とすんなり納得、川口のマワリを覗いてみます。…空いています。あまり石色は良くありませんがとりあえず入ってみるか…と用意しかけると下流から1人上がってきて…お~っと、こりゃあかん⇒上流の葡萄園を覗きに行くと…竿の放列です。…こりゃあかん、下流の方がましか。焦り出します。⇒一気に高速の上手まで下ってみます。車は止められましたが、川原への降り口が分かりません。⇒車で河川敷を走ってみますが徐々に道が狭くなりブッシュが車をスリスリします。⇒バックで戻って田殿橋へ。ここも人、人⇒1人しかいない吉備橋の下流に入ろうと河川敷に車を下ろしますが川原への降り口が分かりません。⇒降り口のある右岸に廻って車を止めると、対岸から釣り客が2人降りてきます。⇒こりゃあかん、結局最初の中央大橋へ戻りますが、ここでもタッチの差で先客が。…「なんちゅう日や!」絵にかいたような後手後手の連続です。うろうろ彷徨い過ぎて戦意喪失。で、とりあえず腹ごしらえで、竿を出したのが11時半。ぬけさく、何してんねん!

先客を避けて、良さげな瀬が空いたので入ってみましたしたが…。

3時間もやって14匹。ここを諦めさらに車で最下流を彷徨います。何年かぶりに来ると川相がまったく変わっています。K‘Sデンキの前の瀬を覗いてみますが先客が2人。⇒その上の瀬に入ろうとすると下流の人が上がってきて…⇒鉄橋のポイントは駐車スペースがなくなって…⇒戻って、田殿橋はさらに釣り人が増え…⇒結局、駅裏まで戻ってきてようやく…。どんなけ彷徨ったら気がすむねん!ここでなんと宮井さんにバッタリ。仏様のように思えます。狙いどころを聞いてようやく入川します。

駅裏のポイント。瀬肩の浅トロを泳がせている先客は結構掛けておられる様子。

オーソドックスにアシ際を攻めてみますがポロポロ程度。

右岸側の分流におられた先客が帰られたので、瀬肩の鏡を覗いてみます。

静かにしていると鮎がギラギラしだしました。いてます。いっぱい。これは追う鮎なのか?この見極めが難しいのです。ポロポロ掛かりましたが、次第に暗くなり、時既に遅し。1時間半ほどで何とか15匹。
朝8時半に来たのに実釣時間4時間半、なんでや!
絵にかいたような後手後手の1日で写真も少な目。

釣人:ぬけさく