フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2018

鮎入れ掛かり!?ブログ 2019

VOL.64 日高川迂回線:あぁ~しんど

釣行日
2019年9月9日(月)
場所
和歌山県日高川迂回線 あちこち
天候
晴れ時々曇り
釣果
10匹 平均15cm(最大17cm)
使用ロッド
プロト
仕掛け
メタマグナムⅡ0.05号
ハナカンハリス:0.5号
背バリ:着脱式半スレ
ハリ:龍の爪6.5号3本イカリ
釣り人
ぬけさく

今週VIPをどこに案内しようかと悩みます。…そろそろ日高川迂回線が釣れだす頃か?今年は、ずっと水が出て釣りになってないから魚はいっぱい残っているやろ。…と日高川へ下見に行くことにします。
新垢が付きだしてたら入れ掛りになるかも。今日は、下見やから釣れても1ヶ所3匹までにしとこ。いや、5匹ぐらいはええか。もし入れ掛りになったらどないしょ…と、いつものことながら獲らぬ狸の皮算用をしながら日高に向かいます。
佐井橋から下を覗くと岩盤にはいっぱい鮎が…でも、ちっちゃい!次に、通称CDポイントを覗きます。川相も随分変わっていました。石がまだ白っぽい、触ってみるとヌル感なし。…まだ、無理やな…苦戦の予感です。
とりあえず、佐井橋から。

釣れそうな気配もするのですが…。

丁寧に探ったつもりですが小さいのが1匹だけ。
早めに変わろうと竿をたたみますが、トロ場の岩盤に鮎がキラッ、キラッ。もしかして…・と竿を伸ばし直して泳がせてみます。

結果は予想通り。小さいのが1匹のみ。不安が一気に膨らみます。下流から順番に釣り上がる予定でしたが、変更して先に本流を覗いてみることに。ここは西鶴公園前。

ベタッとした流れでどこを釣ったらいいのか。竿を持たずに川中を歩き回ります。左岸に渡って土手の上から覗くと、左岸の際にキラッ、キラッと着き鮎が見えます。少し痩せていそうですが、サイズは18~20cmぐらい。思わずテンションが上がります。
戦い前の腹ごしらえとセブンイレブンのミンチカツバーガーとゆで卵を食べます。(どうでもいいことですが)川の真ん中に立ち込んで左岸の際を攻めます。今、お気に入りのこのプロトは横スライドが簡単にできます。なので、ヘチのギリギリまでオトリを入れることができます。竿はいいのに、オトリのコースも問題ないのに…掛かりません。瀬肩に移動して小さいのが3匹だけ。また移動です。
次はウナギの瀬。…結構水温が上がってきました。ここでは5匹掛かりましたが、ハナカンを通すとオトリが硬直してしまいます。以前、長良川の漁師の方に、そんな時は肛門を指でコチョコチョしてやればいい…と聞いたことがあります。なんとなくアリそうな話ですが、やってみてもやらないよりはマシ程度。ここもすぐに諦め、彷徨い再開。
再度CDポイントへ。

だいぶ陽が傾いてきました。朝より石色が良くなっているのでオトリを入れてみます。反応なし。さらに、しつこく彷徨います。本流の原日浦が気になったので西鶴から川の中を遡ります。
原日浦の橋の下流。

結構距離があります。しかも腰まで浸かりながら。なんでそんなしんどいことすんねん。…自分でもわからないのですが、石色の良いところを探しながら、次また来る時のポイントも探しながら…でも、さすがにしんどい。そして予想通り釣れません。気配がないんやから、とっとと上がればええのに!そんなに川に浸かるのが好きなんか!結局、今日もあぁ~しんど!を連発しておしまい。

釣人:ぬけさく