フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2018

鮎入れ掛かり!?ブログ 2019

VOL.60 上北山川:言い訳を考える

釣行日
2019年9月4日(水)
場所
奈良県上北山川支流小橡川
天候
晴れのち曇のち雨
釣果
43匹 平均16cm(最大18cm)
使用ロッド
プロト
仕掛け
メタマグナムⅡ
ハナカンハリス:0.5号
背バリ:なし
ハリ:龍の爪6.5号3本イカリ
釣り人
ぬけさく

実は、来週VIPを鮎釣りに案内しなければなりません。水がきれいで足場が良く、泳がせ釣りでよく釣れるとこ。そんなとこ、あるのか。…なんか聞いたことのある文言。振り返ってみると、8月2日のブログにも同じことを書いています。前回の結果が余り良くなかったので、今回はしっかり下見をすることにします。

台風10号のあと増水が長引いて好条件の河川がありません。とりあえず、今季好調の上北山川に様子を見に行くことに。事前情報では、ぼちぼちサビが出始めているようです。

まずは、「喫茶ひろ」さんで情報収集。「昨日は小橡で30ほど釣れてました。本流に入った人は15ぐらい」

本流を覗くとまだ白っぽい感じ…。

最初に入ったのは〇〇神社の前、吊り橋の下手に良さげなチャラ瀬があります。魚影はちらほらしか見えませんが。

ここは足場も良く上手く泳がせれば釣れそうな…と、期待を持ちましたが

泳がせて間もなく1匹目がポン。小ぶりです。やはりサビかけています。時間帯もあるのかもしれませんが、アタリが散発です。期待外れでした。
一通りやってから上流の段々瀬の肩へ移動します。先日の大水で底石が大分変ったように見えます。砂地が増えました。忘れた頃にしか掛かりません。

午前の部11匹。メスはまだサビは大丈夫。お腹が大分ポッチャリしてきています。

オスは大分黒ずんできています。案内するのは1週間後、ちょっと厳しいか…。

鮎の数も大分少なくなったような気がします。こりゃちょっと無理やな。ほかの川探そ…。

後半は上流へ。ほたる橋の上の瀬。

長い瀬のお尻から釣り上がることにします。

良さそうに見えるのですが掛かりません。この時、既に案内する川は和歌山にしようと考えていました。
瀬肩近くまで釣り上がりましたが忘れた頃にしか掛かりません。

瀬肩まで釣り上がるとポロポロと掛かり始めました。やはりアタリは弱く終盤の気配です。ただ、釣れだすといろいろなことを忘れてしまいます。写真を撮るのも忘れるし、案内の下見のことも。一か所では釣れませんが、あっちでポン、こっちでポン。流芯に立ってwヘチギリギリにオトリを通すとポン。順番に拾っていくと知らないうちに引舟が重くなっていました。
後半の部32匹。

今日の釣果43匹。後半楽しめました!…あれっ、今日は下見やったんとちゃうん?…「ええねん、他の川探すから」…もしくは、「ええねん、まだ1週間あとやから」…と自分で言い訳を考えます。

釣人:ぬけさく