フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2018

鮎入れ掛かり!?ブログ 2019

VOL.58 大会間近!下見もかねて長良川へ!!

釣行日
2019年8月26日(月)
場所(水況)
岐阜県 長良川 郡上地区(平水より高い)
天候
晴れ
時間
午後 12:00〜17:00
釣果
25匹(18㎝~23㎝)
使用ロッド
プロトR
仕掛け
水中糸:メタマグナムⅡ0.05号
ハリ:早虎7号と龍の爪7号 4本イカリ
ポイント
残り垢中心 大石周辺 浅い場所
釣り人
SKG48こと島啓悟

雨に泣かされる日々が続くもシーズン最盛期!でも週末は雨ばかり、河川は増水ばかりで、8月もなかなか釣りに行ける日も少ない状況。ただ大会が週末に控えています。会場は地元の長良川…ですが、郡上管内は意外と釣りに行く事が少ないんです。
ただ、そうも言ってられず、今回は下見&竿のテストもかねて、郡上の大和地区に行って来ました。

午前10時過ぎに到着して、川を見ながら入川出来そうな場所を探して移動しますが、この日は平日なのに凄い釣り人です。増水後で釣れるから解禁日並みの人出!入る場所がないままあちこちとウロウロしながらもお昼には何とか釣り開始!
増水後という事は狙うは残り垢のある場所がセオリーになります。セオリー通りにオトリを送り出すと、反応ありありでギューんと良いアタリの掛かり方です。

しかし、オトリを替えて送り出しますがその周辺のポイントの鮎の反応はこの1匹だけ! なんで?釣り方?釣り人の多さ?オトリ?ポイント?頭の中で?マークが…。
それなら竿抜けをと、誰もここはやってないであろう浅い場所のポイントにオトリを入れた瞬間!ビューん!!と強烈なアタリと引き。走りまくりで楽しい!

そのポイント周辺では初めはポロポロと掛かります。が、すぐにピタリと釣れなくなりました。この日は下見ということもあり、どんどん移動です。この日のセオリー的ポイントにオトリを入れればポツリまたポツリと釣れるもののペースは上がらず、移動するペースがどんどん早くなるばかり。
そうこうしているうちにあっと言う間に夕方です。

釣り人も少なくなってきたし、こんな場所で最後の入れ掛かりか!と同時にその場所をよーく観察します。
水深は膝くらい、残り垢、大石周辺の多いポイントで、上手く狙えば入れ掛かりになりますが釣りきられていたら反応なしです。

ポイントに狙いを定めてオトリを今日のセオリー通りに動かし、残り垢周辺で止めて待ちます。すると、久しぶりにいい反応!この日一番の引きの23cm!こんな良型が釣れるならこの周辺はかなりの好ポイントにはず…と期待して探るとまたまた強烈なアタリ!でも…走らない?あれ?…と思いオトリをもどして確認すると、中ハリスが切れてる!この時期は、天然遡上の良型が良いアタリと引きで楽しませてくれますが、仕掛けのトラブルが起きやすいのも再認識!仕掛けをワンランク丈夫なものに替えて、再チャレンジすると、しばしの入れ掛かり!楽すぎてやめれません。
綺麗な鮎が釣れたら!もう1匹釣れたら!と思いますが、自分だけですかね?こんな時、釣れないのは…何故なんでしょう?
30分後ようやく釣れたので、この1匹で終了!

私はその日の釣りを振り返るのは、釣行回数が少なければ余計に大切な事であると個人的には思っています。
今回は増水後のパターン、釣り人が多い時、場所、時間帯、釣り方などなど、自分なりに確認できた釣行でした。

釣人:SKG48こと島 啓悟