フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2018

鮎入れ掛かり!?ブログ 2019

VOL.57 プロト鮎竿試釣会in名張川

釣行日
2019年8月25日(日)
場所
三重県名張川
天候
晴れ時々曇り
釣果
3匹 平均21cm
使用ロッド
プロト⇒バーサトルH275 9085
仕掛け
LIMITED PRO完全仕掛けメタマグナムⅡ0.05号
ハリ:龍7.5号3本イカリ
釣り人
ぬけさく

今回は、三重県の名張川での試釣会です。追星オトリ店さんにお世話になります。
まずは集合写真をパチリ。

今回も釣り場は自由です。大型狙いの人は名張川、数狙いの人は長瀬太郎川へ走ります。
私は、昼前には戻ってこなければならないので名張川で竿を出してみることに。
橋の上で釣っておられる参加者の方。掛かりますか?…

釣れますか~。

どうですかリミのTFは?

私は中里さんと一緒に下流の沈下橋の上へ。

川は20cmほど増水。石の色は良くありません。が、よく見るとキラッキラッと魚影が見えます。鮎なのか。突然、テンションが上がります。

手前からオトリを入れていきますが反応なし。鮎やないのか。…少しずつ立ち込んでいって、左岸近くまで来ると石も大きくなります。今日の竿は、最近気に入って使っているプロト。硬さはH2.5ですが、とっても引きやすいので手放せません。ここの魚は大きいので無理かなと思いながら、どのサイズまであしらえるかも見たくて使うことに。オトリは20cmを超えているので引くと竿先が大きく曲がりますがオトリはイヤイヤせずついてきます。
左岸近くでいきなり穂先をひったくるアタリ。竿が大きく絞り込まれます。オトリが顔を出したままでなかなか抜けません。…で、結局身切れでオトリロケット。ハリが小さいのか?ベストのポケットに7号までしか入っていませんでした。いつも8号のチラシをいれてあるのに。気を取り直してもう一匹のオトリを出動です。すぐに、コツッという小さなアタリで上へ走ります。これも大きそう。腰まで立ち込んでいるので竿をタメて浮かしに掛かりますがこいつも身切れ。…う~んちょっと無理か。ヘロヘロのオトリを大きい石の横で上下にダンスさせると…ドン、ギューンとまた上へ走ります。あかん、デカイ。手におえん。…ん?これ鮎ちゃうな…ニゴイ?…川の真ん中に立ち込んでるし…どないしょ?竿折らんといてや~…と、06の付け糸がプッツン。あ~ぁ。こりぁ無理やで。右岸に戻ってきて少し浅いところを引いてみるとドン。やっと獲れました。

これをオトリに泳がせると、また、直ぐドン。…スコーンとまた身切れ。しゃぁない昼から出直しや。
お昼に追星さんでえらい豪華なお弁当をいただいて出直します。
参加者の方が昼前に入れ掛ったという鉄塔の前へ。

広いポイントです。宝の山はどこにあるのか。探しながら対岸まで来てしまいました。ここの草の際から振り向いてオトリを入れようとすると…ガボッと…あれっ?変な動き。鮎やない。動きからしてニゴイでもない。わっデカ、ナマズ。どないしょ、助けて~。…しばらくやり取りしましたが、最後は草のなかに入られてプッツン。あ~ぁ、たのむで、ほんま。

ここを諦め、釣り下ってようやく1匹目。午後からは、竿はバーサトルH275 に、ハリも龍の7.5号に変えたので余裕です。

これを泳がせて直ぐ2匹目。えらいメタボな鮎。指が回りません。運動不足ちゃうか。鮎も連れてけえへんし。

午後の部、2匹でおしまい。ま、こんなもんですわ。

皆さん、お疲れ様でした。釣況はあまりよくありませんでしたが、何とか開催出来てよかったです。ご参加いただき大変ありがとうございました。来年もぜひ開催したいと思います。
追星さん大変お世話になりありがとうございました。

釣人:ぬけさく