フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2018

鮎入れ掛かり!?ブログ 2019

VOL.34 上北山川:2匹目のドジョウは?

釣行日
2019年6月13日(木)
場所(水況)
奈良県上北山川支流小橡川
天候
晴れたり曇ったり
釣果
35匹 平均15cm(最大16cm)
使用ロッド
エレガントアタッカー 8588
仕掛け
メタマグナムⅡ
ハナカンハリス:0.4号
背バリ:着脱式半スレ
ハリ:龍の爪6.5号3本イカリ
釣り人
ぬけさく

2匹目のドジョウを狙ってまたしても上北山に出動です。解禁日に関西のトーナメンターの雄TKさんとシマノで一番鮎を釣る男KJさんが好釣果を出した道の駅裏を覗くと既に先客がおられます。当然です。もう既にお昼です。

ここは夕方に覗いてみることにして、まずは小橡川に入ってみます。最初の橋の上から見ると充分空いています。

充分空いているので、かえってどこから釣ればいいのか悩みます。私のようにポイントを見る目が無い人間は、あちこち目移りがするのです。川の中州に立って、右岸を向くか左岸を向くか。右岸の方が段々になっていて少し釣りにくそう…で、なんとなく釣りやすそうなフラットな流れの左岸向きに竿を出してみます。ピリッともしません。なだらかな流れにパラダイスはないのです。楽な方になびいてしまう私の人生と同じです。…で、反対の右岸向きに竿を入れてみようかと思うと、既に別のお客さんが竿を出されています。しかもポツポツ掛け始めています。(涙)。

少し下って水深のあるポイント。解禁日には良さそうですが、鮎の影はチラホラです。ここでようやく数匹掛かりましたが続きません。型も小ぶりです。そんなもんです。

上のトロ場が空いていたので上ります。ベタ~ッとしているので比較的空いています。

去年はここでいい感じで掛かりました。糸もフロロに張り替えて上飛ばし…と用意していると対岸からお客さんが上流を渡って私の上手に…。すぐにあきらめて場所交代です。
気になっている道の駅裏に向かう途中、本流との合流点を見ると、車はいっぱい止まっていますが、釣り人はいません。この辺りでは一級ポイントです。おそらく朝からさんざんやられた後とは思いますが気になるので竿を入れてみます。小ぶりのが7つ。あまりいい掛かり方ではありません。やっぱり釣りのこし?
ところが、上から降りてきた釣人が合流点でパタパタと掛け始めました。結構上手そうな人!気になったので近づいてみるとなんとTKさん。「え~っ!TKさん?なんかよう釣る人やな思った。」もう既に50匹以上釣っているとのこと。私は未だ20匹。この違いは何?

気になった道の駅裏に入ってみます。ここも朝から入れ代わり立ち代わり人が入っている様子。期待は持てませんが、とりあえずどんなポイントか竿を出してみたいのです。

案の定掛かりませんが、一か所だけ岩盤で鮎が食んでいるのが見えました。オモリで止めながらこれを狙ってポロポロと。何とか15匹追加して35匹。
結局、後で聞くとTKさんはこの日68匹。私の倍。どうやったらそんなに釣れるんですか?…どうやらポイントの見極めと釣り方…それって鮎釣りのすべてですやん。

小ぶりですが、綺麗な上北山の鮎。

釣人:ぬけさく