フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2018

鮎入れ掛かり!?ブログ 2019

VOL.27 rock 初物を釣る!

釣行日
2019年6月12日(水)、13日(木)
場所(水況)
高知県 物部川(高水)
天候
晴れ
釣果(初日)
28匹 平均19cm(最大21cm)
釣果(二日目)
20匹 平均19cm(最大21cm)
使用ロッド
プロト
仕掛け
天井糸:フロロ0.6号
上つけ糸:ナシ(PE直結)
水中糸:メタゲーム0.05号6m
下つけ糸:フロロ0.4号25cm
ハナカン:シマノ細軸5.5号
中ハリス:フロロ0.6号
サカサ:フックタイプ1号
ハリ:虎龍6.5-7.0号4本イカリ
手尻:ハナカン位置が尻栓から10cm
釣り人
rock

今回は、この人と…

(なぜ下を向いている…もっといい写真はなかったのか…)

シルエットだけでだれだか分かってしまいますね…

最終段階まで来たロッドのテスト。
最後の仕上げはそこそこの流れでそこそこのサイズを掛けて、竿をがっつり曲げること。

当初長良川に釣行予定が、サイズが小さい(泣)との情報。

今年の傾向でしょうかね…
渇水だったからか育ちが遅い。
どこもかしこも体感的に例年の2cmマイナスぐらい…

さて困ったぞ…

20cmがかかりそうな川…どこだ…江の川がそういえば釣れている?でも水量的に…
と、日曜日に高水の物部川でよく釣れた情報!
これは…だが、平水に戻ったら釣れなくなるかも…

しかしここで天の恵み?
まさかの連日の夕立で高水のまま!
これは行くっきゃないでしょ!

と、いう事で、急遽物部川にレッツゴー!

早朝に、例の人と合流して、一路、物部川。

遠いですね、近くはない…
そして昼前には漁協に到着。
情報頂いて券を買って着替えて川に!
和田名人一押しスポットに。

完ぺきとはいえないまでも、結果ばっちりでした。

瀬の中は勝負は早いけど、一回り小さめ。
20cm越えはなかなか顔を出してくれない感じですね。

少し緩いところは丸々とした黄色い鮎が!

しかしそこは我らが例のお方。
きつい流れから鮎を引き出します。

掛けてはひん曲げてはまた掛けて、パーツ入れ替えてはまた掛けて。

常に竿の曲がりが見やすいところに、位置取りし、付いていきながら、釣る。
なかなかにしんどい作業です。
え?釣らなくてもいいのでは?
…いやそこは、自分でも確かめないといけませんので…

多分、このロッドをここまでの流れで使う人は少ないと思うのです。

トリプルなんかを持ち出すと思うのです、が、テストです。
無茶したらどこまでやれるのか、は大事です。
最終的な安心感、底力につながります。
このロッドの#6#7を曲げるのであれば、この流れに20cmがテスト頃なわけです。

どうやら#6#7のパーツは新しく設計したものがよさそう…

そうなると、残るは穂先の選定。

穂先が柔らかくなると小さい鮎を操作しやすくなる半面、大きな鮎が抜きづらく、失速しがちに。
硬くなればその逆。
このロッドの狙いサイズに対して、どのあたりの硬さが妥当なのか。
それはロッドのボディー部の硬さや調子によっても変化するもの。

調子の模索は続きます。

いや、それにしても、今回は物部川の鮎にいい仕事させてもらいました。

※番外編

Rock生まれて初めてこいつ釣りました。
まさかの一匹目!!!

あまりに可愛いのでもうひとカット。

釣人:rock