フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2018

鮎入れ掛かり!?ブログ 2019

VOL.23 天川:抜群の透明度

釣行日
2019年6月6日(木)
場所(水況)
奈良県天川 庵住 沖金
天候
晴れ時々曇り
釣果
23匹 平均15cm(最大16cm)
使用ロッド
エレガントアタッカー 8588
仕掛け
フロロ0.15号
ハナカンハリス:0.4号
背バリ:着脱式半スレ
ハリ:早虎6号3本イカリ
釣り人
ぬけさく

 低空飛行釣果が続くので、こういう時は人に頼るしかありません。木曜日、急遽釣行出来ることになったので関西の鮎トーナメンターの雄TKさんに電話します。天川の主みたいな方です。「明日、天川へ行ってもいいですか」…
 「天川ではちっちゃな虫が顔の周りを飛び回るので、これを付けた方が良いですよ。」とTKさん。虫よけ効果のあるシールです。すみません、ありがとうございます!

 渇水とは聞いていましたが、予想以上に水がありません。どこを釣ればいいのか。
 とりあえずこんなポイントを下から泳がせてみます。

 そんなに時間がかからず1匹目がポン。いい感じです。いけるかも。…それをオトリに波立ちの中まで泳がせると、明らかに追われた反応があったのですがハリ掛りせず。ここで掛かるのと掛からないのとでは大違い。やっと掛けた鮎も空中バレ。リズムに乗れません。…で、根掛りしておしまい。渇水の狭いポイントでは根掛りで入ってしまうとしばらく釣れません。
 TKさんたちは上流へ行ったので様子を見に行きます。皆さんそこそこ釣っています。釣れないのは私だけ。ま、しゃぁない。
 写真ではわかりませんが、天の川青少年旅行村のバンガローの前は人が並んでいます。鮎釣りの人やら、水遊びの人やら。

 TKさんが場所を譲ってくれたので、この落ち込みの上で3匹掛けて何とか昼からのオトリが確保できました。ほっ。
 場所は変わって九尾ダム上流の沖金橋。

 沖金橋下流。左岸側の方がいいよとTKさんが教えてくれます。

 とりあえず右岸側の筋が良さげに見えるので泳がせてみます。

 しばらく泳がせるとポンとオトリサイズが来てくれました。しばらく間が空いて2匹目。天川の良いところは、透明度が高いので掛かるところが皆見えることです。…続くかと思いきや、ここでも根掛りしておしまい。
 次に、中州から左岸側を泳がせると小ぶりですがポン。しばらくするとまたポン。小ぶりですがポツポツと。ところが、ここでも、また、根掛りしておしまい。オバセ過ぎ?
 少し下って、こんな良さそうに見えるポイントは反応なし。

 この浅いフラットなところに鮎がいっぱい見えます。

 大概、こういうところの鮎はなかなか掛からないのですが、ついつい手を出してしまいます。2匹は掛かってくれましたが、ここでも根掛りしておしまい。
 もっと背ビレの長い鮎もいましたが、大人しく写真に写ってくれたのはこのコだけ。

 夕方、入れ掛りタイムが来るかも…と聞いていたのですが…私には来てくれませんでした。根掛りしては場所潰しの繰り返しで、釣果は低空飛行が続きますが、抜群の透明度の川で気持ちよく鮎釣りが出来てよかったよかった!

 TKさん、今日も1日お付き合いありがとうございました。

釣人:ぬけさく