フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2018

鮎入れ掛かり!?ブログ 2019

VOL.16 好調!付知川へ!!

釣行日
2019年5月27日(月)
場所
岐阜県 付知川 浄化センター前()
ポイント
淵絡み付近の瀬
水況
ほぼ平水 垢付き良好、やや垢腐り
天候
晴れ
時間
午前8:00~午後4:30
釣果
41匹(サイズ 12㎝~18㎝)
使用ロッド
リミテッドプロ VS LG90
穂先
RSソリッドを使用
仕掛け
水中糸 メタキング 0.01号
ハリ早虎6と6.5号 4本イカリ
釣り人
SKG48こと島啓悟

みなさん、こんにちは!SKG48こと島啓悟です!
毎年、僕が行く中部での初釣りは付知川なのですが、今年は解禁日が例年より10日程遅くなっています。鮎の放流についても色々工夫されていて、試し釣りでは、良い結果が出ているようです。
ただ、個人的にいろいろと忙しく今年は解禁日より3日遅れの付知川釣行となりました。
まずはオトリ屋さんで色々と情報を集めて、メインの島田橋よりかなり上流の浄化センター前に入ります。
今年の付知川は、解禁日からいいサイズの魚といい釣果が出ていますのでかなりの釣り人が入っています。

駐車場から距離が遠くなれば、釣り人は少ないかなぁ〜?と、まずは良さそうなポイントを探して歩きます!

まずは、こんなポイントから!

水深のある深瀬は、当然、釣り荒れしていることが予想できますがどうでしょう?
オトリ屋さんの話では朝は厳しいとのことでしたので、少し流れの芯を外した石の色が良さそうな場所にオトリを馴染ませてみます。すると、コツコツと糸に鮎が当たる感じが伝わって来ました。
で、しばらくそのまま様子を見て待っていると…ギューン!

付知川の初鮎!

少し白っぽいですが、仕方ないです!解禁日から、黄色い鮎はかなり釣られてしまっているのでしょうから!
でも、カッコイイ付知川鮎です!

その後、オトリを変えていい感じの場所を狙ってみますが、それ以降音信不通!
ならば、と更に歩いて移動してみると、上流に淵のある良さそうな瀬のポイントを発見!

石の色も良さそうなポイント。

更に下流へ繋がる瀬のポイント。

その周辺をあちらこちらと見て回っても明らかにこのポイントだけは石の色か綺麗です。

特に解禁してすぐや渇水になると、釣果が渋くなり鮎は深場に移動してしまったと感じることがあります。ただそんな時でも静かにしていれば、水温、時間帯で垢を食みに浅い場所に出て来ます。普通はそれがこんなポイントを作って入れ掛かるはずです。
と、言う事で早速狙ってみます。
ん?反応ありません…
ここでオトリ屋さんの話を思い出しました。
「解禁直後でかなり鮎はシビアになっている」
水温も低いので活性も良くないと考え、少し下流の瀬の浅場を探ることにします。
そこでようやくオトリになんとか出来るサイズを数匹ゲットしました。

少し時間をおき、さっきのポイントに戻り少し川を観察していると、キラキラと食み始めた様子!
時間は午前11時!このタイミングか!!
で、再度チャレンジしてみます。すると黄色い鮎が入れるポイント、ポイントでポンポンポンと掛かり入れ掛かり状態に突入!
比較的石の色が濃い所から薄い所の切り替わるようなポイントに追いがよい鮎がいるようです。

反応の良い鮎?です。

更に対岸ギリギリの大きめの石の所に、穂先の微妙な曲がりをオトリに感じさせながら泳がせると、ドーン!とちょっとイカツイ追星くっきりの鮎が掛かります。
やっぱり、狙い難い所には、まだ良型のヤル気のあるのがいるみたいです!

イカツイ追星黄色い鮎!

一通り探りきったようで反応が無くなったため場所を変えようかと思いつつ、少し休憩しながら眺めていると、上流の淵から、かなりの数の鮎が出て来てくるではありませんか!更に気配を消して見ていると、今まで、釣っていた場所で再びギラギラと食み始めています!
チャンス!とばかりオトリを群れに馴染ませると、キューン!です!!
群れの中にも鼻筋の通った男前な黄色い鮎がいますね!

男前な鮎?

しばらくは群れ鮎が滞在してくれていたので、鮎用語の1つ?「群れ鮎崩し」を堪能します。
結果、ポロポロと釣れて楽しい付知川釣行になりました。

今回は今年発売のリミテッドプロ VS LG90に付属のRSソリッド穂先を組み合わせて使いました。
リミテッドプロVS LG90はH2.25で全体的に柔軟でありながら、それなりに張りのある調子なんですが、RSソリッドで穂先を更に柔軟にする事で野鮎の活性の良くない時や高水温などオトリのいい状態を持続させたい時、流れの中に馴染ませたい時、釣れるサイズが小さい時、操作を穂先の柔軟性に頼りたい時など、いわゆるタフコンディションで威力を発揮します。付属の3本の穂先を入れ替えて使う事で、他にも色々な場面に対応可能です。
積極的に穂先を交換していろんなシチュエーションで使ってください。

VSの写真。

釣人:SKG48こと島啓悟