フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2018

鮎入れ掛かり!?ブログ 2019

VOL.10 日高川龍神:不安は的中

釣行日
2019年5月4日(土)
場所(水況)
和歌山県 日高川 龍神地区 加茂瀬橋+役場(平水?)
天候
晴れ
釣果
30匹 平均14cm(最大17cm)
使用ロッド
バーサトル H2.6 85 + RSソリッド
仕掛け
:LIMITEDPRO完全仕掛け0.05号
ハナカンハリス:0.5号
オモリ:1号
ハリ:早虎6号3本イカリ
釣り人
ぬけさく

 いよいよ鮎シーズンが始まりますが、出来れば人の多い解禁日は避けて出かけたい と考えていました。そこで、5月1日はアマゴ釣りに出かけました。そのレポートはシマノ渓流開発奮闘記 (渓流彷徨い日記)で。この日、シマノで一番鮎を釣る男KJさんは有田川へ出かけ、50匹も釣ったと情報が入りました。日高川龍神でも好釣果が聞こえてきます。GWは渓流三昧と考えていましたが、私の鮎の虫が騒ぎ始めました。5月2日3日は、嫁はんに留守番を仰せつかったので行けません。いよいよ5月4日に出動です。しかしながら、なんとなくズッコケる予感がします。毎年のことですが、解禁前には待ち遠しさと不安感が入り乱れます。不安感?…昔はハナカン通せるやろか…と、さすがに最近は有りませんが、はたして釣れるのか?半年間のブランクが何とも言えない不安に変わるのです。
 前々から準備万端整えていたわけではありませんが、前日にはハナカン周りだけ新しく作り変えました。仕掛け本体は、去年から使っているLIMITEDPRO完全仕掛けです。丈夫なので切れるまで、あるいはヨレヨレになるまで使えます。ハナカン周りだけ鮎のサイズを考え細いものに作り変えました。実はこれが出鼻をくじかれる原因に。
 龍神地区を下流から覗きながら民宿せせらぎさんに向かいます。道沿いから見える有名ポイントには釣り人が居ません。なんでや~。人が多いのも嫌ですが、人がいないのも不安です。宮代辺りから急に人が増えだしました。…広井原辺りはかなり人。
 とりあえずは人の少ない下流に向かって走ります。仲橋まではかなり人、そこを過ぎると誰もいません。さあ、どこに入ろうか…地元の方に声を掛けると車を止めさせてくれました。やはりコミュニケーションは大切です。
 最初に入ったのはここ。誰もいません。いい感じです。昨日、誰もやってなかったら20はいけるで。といつもの獲らぬ狸の皮算用をします。毎度のことですが。

 小さ目のオトリに不安を感じながら送り込みますが、気配がありません。“あれっ?沈めたらドンちゃうの?”…解禁日の安易な釣りをイメージしてたのに当てが外れます。しかも、なんとなくオトリの泳ぎもぎこちない感じ。しばらくして、オトリが弱り出したので初めて気づいたのですが、ハナカンの位置がずれていたのです。昨日作り直したハナカンの編込みが少し緩かったようです。せっかくの準備がかえって仇となりました。2匹目のオトリにオモリを付けてやっと2019年初鮎。オトリを代えるのに40分もかかりました。さぁ、…オトリが代わっても続きません。
 彷徨い開始です。今日は、快晴。気持ちは良いのですが…。

 この瀬も1匹のみ。“なんでや?”

 さらに彷徨います。“真夏の釣りみたい”と言う話も聞きました。そうするとこんなとこはどうか。

 ようやく、いい感じで掛かり始めました…が、そんなに続きません。とりあえず龍神鮎。パチリ。

 更に上ります。空は抜けるように青いのですが、こんな時は風が強いのです。竿が煽られてロッドテンション系の釣りは無理。瀬落ちのかけ上がりを泳がして何とかポロポロ。

 ここも、あまり石の色は良くなかったのですが、手前のかけ上がりを泳がしてポロポロ。

 美形の鮎も掛かりましたが、写真が無いのは、気持ちに余裕がないせい。

 3時過ぎまでやって27匹。型は小ぶりです。ズッコケ感満載。みんなもっといっぱい釣ってるやろなぁ~。もう1ラウンドやるしかない。

 第2ラウンド。時間が無いので、アクセスしやすいところにと役場裏に入ります。まわりには誰もいません。しかも、ここは魚が見えます。…“早よ来たら良かったのに。日暮れまで15ぐらいいけるんちゃう!”…結果、3匹。ほとんど追い気がありません。しかもバラシの連続。
 結局は上流部の方が人も多いけど釣果も安定してたかも?さんざん歩き回った割には釣果は伸びず。…あ~しんど。予感通り厳しい幕開けになりました。

 釣人:ぬけさく