フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2018

鮎入れ掛かり!?ブログ 2019

VOL.09 ボーダレスGLで解禁の有田川を堪能!

釣行日
2019年5月4日
天気
晴れ
河川の場所
和歌山県 有田川白石周辺 支流 四村川
時間
午前9:30~午後4:00
河川状況
四村川 渇水 有田川 平水やや少なめ
釣果
33匹(サイズ 10㎝~15㎝)
ロッド
ボーダレスGL R720T
仕掛け
水中糸:メタキング 0.01号
ハリ:早虎6号 3&4本イカリ
釣り人
SKG48こと島啓悟

 シマノインストラクターのSKG48こと島啓悟です。

 今シーズンも5月から鮎釣りが解禁になり、全国的に早くから黄色い鮎が釣れる、和歌山県内の有田川にどうしてもやりたいことがあって行ってきました。
 今年も5月1日からの解禁です。
 ダム上の情報は良いようですが、ダム下も天然遡上が良いようなので、あえて午前中はダム下の支流の四村川から!
 しかし、最近、雨が少なかったせいかかなりの渇水です。

 で、何がやりたかったかというと!!
 ジャジャーン!!
 この竿が使いたかったのです。
 今年発売された、鮎釣りもできるボーダレスGLです!

 川、ポイント、サイズ、いろいろな条件のもと、この竿で鮎釣りをするとどんな感じなのか早く試したかったんです!
 渇水とはいえ天然遡上の小さい鮎がたくさん見えるのですが、黄色い鮎は解禁後の3日間で釣りきられているのか中々確認出来ません。まずは養殖オトリを送り出して、自由に泳がせてみます。特にシーズン初期はフリーに泳がせる方が釣れる感じがします。
 しばらく泳がせていると、意外というか、手元へのオトリの感度がいい感じで伝わってきます!
 と、コ、コーンと軽快な当たりで掛かりました。今シーズン初の鮎は小ぶりですが、鮎は鮎です。

 それからはポツポツと掛かりますが、流石にサイズが小さい!もう少しこの竿をギユーンと曲げてくれるようなのを探しに川原を移動すると、竿の出しづらい木のかぶさったポイントを発見!

 よく見ると、黄色い鮎が小さい鮎をめちゃくちゃ追ってます!
 こんな時こそ、万能な短竿は活躍するのか!?
 覆いかぶさる木の障害物を気にしなくても、オトリを的確にピイポイントに入れて馴染ませる事に成功です!
 ギューン!今年初の黄色い鮎!

 立て続けに3匹入れ掛かりで、楽しい!!と思いながら、こ、この竿、使いやすい!
 となると釣り師はやっぱり他でもさらに試したくなり午後からはもっと水量の多い有田川の本流のメジャーな場所に移動です!

 釣り人もいないので、半分は冒険のつもりで入川してみたのですが…
 瀬の中にオトリが馴染むとギューン!また、ギユーン!!また、ギユーン…!!!
 掛かりまくりです!時間帯?水温?サラ場?ひょっとすると正解はこの竿かも?
 いい瀬でちょっと小ぶりながらも、真っ黄色な鮎がいい当たりと引きを楽しませてくれました。

 今回の釣行でのボーダレスの感想です。
 正直、ボーダレスGL!いいです!!
 おすすめは今回のようなシチュエーションだとR72Tかなぁ!
 初心者から、ベテランまで納得してもらえる、いい竿だと思います。
 是非、どこかで手に取って、できれば釣ってみることをお勧めします!
 僕も今シーズンは、この竿の限界と楽しさをもっと試してみたいと思っています!

 釣人:SKG48こと島啓悟