フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2018

鮎入れ掛かり!?ブログ 2019

VOL.07 第3回 rockの新製品インプレ! SPECIAL 競 FW

製品名: スペシャル競(きそい) FW NA

スペシャル競(きそい) FW NA

 SPECIAL競 FW

 今回のFWの特徴は…

 ①先調子化された事
 ②EXCITETOPⅡを搭載した事
 ③FW史上最高に安心感がある?事

 につきます。

 先調子化されたのは何故か?

 剛さんの釣りが大きく変わっているからです。
 (多分)。
 本人はどこまで意識しているか分かりませんが…
 (ここでそんな事を話していいのだろうか)

 今、釣ろうと思うと「引いて釣るにしろ、どこまでテンションを抜くか」が釣果を上げるキモです。
 最近は、ぐいぐい引く系ではほんと釣れなくなりました。
 いや、最初は釣れるけど、みんなが同じように引くから釣れる魚はすぐ釣りきられるんだと思います。

 と、すると、#1~#3の硬さを落とした方が良い。
 必然的に先調子の方面に。

 だけど、竿先の硬さを落とすとゼロ感度は鈍る。

 そこで登場EXCITETOPⅡです!

 ところで、開発前段階で剛さんと相談していたコンセプトは、
 H2.6の竿なら「H2.6の操作性にH2.75のパワーを」だったわけです。

 しなやかな方が掛かるけど、大きい魚にも対応したい。
 ではパワーってなんでしょう?

 ためて、魚を抜くことだとすれば、それは単純にラインにどれだけ力を加えられるか、それだけです。

 しっかりまげる→糸に力が加わる→鮎が抜ける。

 今までのFWは釣り人が華奢さを感じてしまって、曲げこめない→糸に力が加わらない→抜けない。
 だったら華奢に感じないように工夫すればいい、という流れです。

 設計方法は残念ながら内緒です…すみません。

 なんというか、H2.6で十分ジャン!!という仕上がりです(笑)

釣人:rock