フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2018

鮎入れ掛かり!?ブログ 2018

VOL.52 宮川上流:初めてでも釣れるのか?

釣行日
2018年8月14日(火)
場所
三重県 宮川上流 小又
水況
減水
天候
晴れ時々曇り
釣果
平均:15cm(最大:19cm)25匹
仕掛け
水中糸:マスターフロロ 0.175号
ハリ:虎の牙 6.0号 3本イカリ
竿
小太刀FW 80 + RSソリッド
釣人
ぬけさく

 お盆休みに東京に住んでいる息子が帰ってきます。息子の友達のIG君が鮎釣りをやってみたいと言います。

 IG君は愛知県在住なので、中間地点の宮川上流に集合です。鮎は小ぶりですが初心者でも釣りやすい川です。

 IG君用に選んだ竿はプロセレクトVS85。これにRSソリッド穂先をセッティング。仕掛けはマスターフロロの0.2号。水深が浅いので少し太目の方が泳がせやすいと考えたからです。ハリは龍の6.5号3本イカリ。泳がせ主体のセッティングです。

 まずは、川に降りた真ん前の好ポイント。初心者にも釣りやすいポイントです。

 最初に私が実演してみます。オトリを放して糸が伸びきる前にキラッと野鮎が掛かります。想定外です。あまりに早く掛かりすぎて、有難みが無いのです。…オトリを泳がして良さげなところでサソイを入れるとガガンとくる。…「ほら、掛かったやろ。こうやって釣んねんで。」「おおっ、お父さんサスガ~」となる予定だったのですが…。筋書き通りにはいきません。

 とりあえず最初はオトリを付けてあげます。目印をこれくらいの高さにして…一番下の目印を浸けたり…あげたり…と教えます。素直なIG君はすぐにのみこみます。するとオトリは上へ上へ泳いでいきます。…。

 きれいに泳いだかと思えば水中でギラッ。無事1匹目をゲットです。慣れるまでは横についてレクチャーします。

 昼からはいよいよオトリのハナカン通し。やはり、これが最大の難関。慣れるしかありません。ハナカンが通せるようになるといよいよ独り立ち。構えも少し様になってきました。結局、素直に泳がせに徹して31匹は立派。良かった良かった。

 片や息子は大丈夫か。小学生の時に鮎釣りの英才教育をしたのですがその後はずっとご無沙汰。最近、やっと鮎釣りに興味を持ち始めたところで一年ぶりの鮎釣りです。

 ほったらかしでしたが少しは掛けているようです。

 自分とは似ていないと思っていましたが写真で見るとやっぱり親子?

 自分は午後から分流を泳がせて25匹。分流の方が型は良かったみたい。

 釣人:ぬけさく