フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2018

鮎入れ掛かり!?ブログ 2018

VOL.50 吉野川:小太刀で太刀打ちできるのか?

釣行日
2018年8月5日(日)
場所
奈良県 吉野川 吉野大橋
水況
やや高め
天候
晴れ
釣果
平均:20cm(最大:22cm)33匹
仕掛け
水中糸:メタマグナム完全仕掛け 0.05号
ハリ:虎龍 6.5号 7.0号 4本イカリ / 龍の爪 6.5号 3本イカリ
竿
小太刀FW 80
釣人
ぬけさく

 前日、近場の天川に行ってみようかと全国区トーナメンターのTKさんに連絡を取ります。すると、「吉野が釣れます。金曜日は60以上掛かりました。」…思わず行先変更です。

 朝、こつぶ(犬)の散歩に行ってからの出発です。先日、りんくうアウトレットで嫁はんにハンドバッグを買ってご機嫌をとったのですが、もう既に効き目が薄らいできたので私が散歩に連れて行くのです。

 渋滞に巻きこまれながら吉野大橋に着くと、既に竿を出していたTKさんが上がってきてくれました。「オトリ使ってください。」…ありがたいです。…TKさんのオトリ缶から3匹出して1匹戻します。「3匹持って行ってください。」と言ってくださったのですが、「いえいえ、2匹でいけます。ありがとうございます。」とカッコを付けます。今日も皆さんにお世話になりながらの鮎釣りです。

 日曜日なので既に結構な人が入っています。下流の瀬肩に入れてもらいますが、だだっ広いポイントなので他の人との距離感がむずかしいのです。オモリで沈めてオトリを確保するものの続きません。

 目の前ででっかいヒバチ(ニゴイ)がバシャッ。これが掛かると太刀打ちできないので思わず退散。コワイコワイ。

 橋の上流に移動です。荒瀬の瀬落ちの深場を狙ってみます。8mで届くのか。

 と、入れるなり2連発。お~っと、もしや竿ぬけ?…世の中そんなに甘くはありません。続きません。それでも忘れた頃にぽつぽつ掛かって前半の部15匹。ここでもでっかいヒバチが尾っぽを見せてくれます。…また退散。コワイコワイ。

 午後の部、例会が終わったのか吉野大橋下流も人がグッと減りました。

 「おいやんの鮎掛け」(ブログ)に良く出てくる“お箸やさん”の前に入ります。石の入った馬の背を狙うとポロポロ。型は20cm平均。掛かると対岸に向かって突進します。なかなかパワーが有ります。竿が8mなのでしっかりタメないとノサレてしまいます。左岸の際の掘れ込みに岩盤のように見える影が有ったのでオトリを入れると見事に根掛り。胸まで入って近づくとなんと岩盤ではなく木。しかもその周りは小砂利。こりゃアカン。でも釣れない原因が分かってヨシとしよ。

 ここでもアシ際でヒバチが。…早よ帰れと言わんばかりなのでそろそろ撤収。

 ヒバチに怯えながらも20cm前後が揃いました。後半の部18匹。日曜日やし上出来?

 釣人:ぬけさく