フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2018

鮎入れ掛かり!?ブログ 2018

VOL.20 有田川上流:有田の鉄人に学ぼうとしましたが…

釣行日
2018年5月26日(土)
場所
和歌山県 有田川上流 清水
天候
くもり
水況
平水
釣果
平均:16cm(最大:17cm)19匹
仕掛け
水中糸:メタキング自作仕掛け 0.01号
ハリ:虎の牙 6.0 3本イカリ
竿
ぬけさくオリジナル
釣人
ぬけさく

 ゆっくり出かけて昼前に西浦オトリ店に着くと有田の鉄人上西名人にばったり。早速、あまり知らない有田川上流を案内してもらうことに。

 別にどこに入りたいという希望はないので、花園地区から清水地区まで川を見ながら下ってみます。清水地区は町中なのでどこに駐車していいのかとても悩みます。釣れる場所を教えてもらう以上に、車を止められる場所を教えてもらうことが助かります。最初に入ったのがここ。

 上西名人の釣りをちょこっと見させてもらったぐらいで真似できるわけではないのですが、オトリの動きがゆっくりと安定して動くのがわかります。自分のように止まっているか走っているかではありません。いかにもいつ掛かってもおかしくない動きです。竿操作に違いがあるのでしょうが、つい「糸は何ですか?」と聞きます。…「タングステンの003」…私の持ってない糸です。この糸でないとこのような動きにならないのか。…ついつい仕掛けのせいにしてしまうのです。

 釣り方を勉強すればいいのにすぐに自分で竿を出してしまいます。いつもの悪い癖です。ちょっと石の色のいいポイント。鮎の影もちらっと。泳がせて間もなく1匹目が掛かります。すぐにこいつをオトリに泳がせたいので写真は撮りません。アマゴ釣りとは違うのです。

 4匹目にきたいいアタリの背掛りがこの子。カワムツかと思いましたが、ムギツクというコイ科の魚。かわいい目ととがった口が特徴です。これは珍しいのでパチリ。

 しばらくして違う場所へ行ってみましょうと上流へ向かい入ったのがこの瀬肩。この辺りでは良さそうに見えます。

 ポロポロは掛かるのですが散発的な感じ。しばらく釣った後、彷徨い開始です。そういう時は得てして結果が伴わないのですがいろいろなポイントを見ることができます。今後のために…と見て回るのですが、せっかく覚えても一度大水が出ればおしまいです。

 午後から始めて19匹。上西さんはちゃんと33匹釣っています。この違いは何なのか…「どこで掛かりました?」と聞くと、私の釣った後の瀬肩でした。「たぶん時間帯やと思います。」と慰めてくれましたが…。

 釣人:ぬけさく