フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

鮎入れ掛かり!?ブログ 2018

VOL.13 第9回 Rockの勝手なインプレと、そこにある想い ADVANFORCE NW 編

製品名: アドバンフォース NW [ADVANFORCE NW]

アドバンフォース NW [ADVANFORCE NW]

ADVANFORCE

変わる勇気と、変わらない勇気。

この竿のいい所って、良くも悪くも「変わらない」事だと思うわけです。
昔ながらのゴリゴリの瀬竿。
でっかいオモリ打って、きっつい流れにオトリねじ込んで、掛かれば豪快に抜く。
数もいいけど…
どれだけきっつい流れに立ち込んでデカイ鮎を獲れるかっていう自己満足の世界。
一匹のイイ鮎に出会えれば満たされる世界。

そんなときに安心して持っていける竿。
軽いに越したことはないんだろうけど、軽くて華奢に感じちゃう竿だとダメだと思うのです。
ずしっときて、「重たいなぁ」なんていいながらも、
これなら安心して曲げきれる、体をあずけられると感じられる信頼感が大事。

こういった竿の調子ってある程度決まっていて、大きく様変わりするようなことはないです。
でも今回もその中での微調整にこだわってます。
どんな竿であれ極限状態で使用して時にアラが目立ちます。
限界までキツイ流れで限界までデカイ魚を。

妥協の「ダの字」も知らない坂本氏と徹底的にテストした仕上がりを感じてください。