フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

鮎入れ掛かり!?ブログ 2018

VOL.07 第4回 Rockの勝手なインプレと、そこにある想い SPECIAL VERSATILE ZW/NW 編

製品名: スペシャルバーサトル NW/ZW [SPECIAL VERSATILE NW/ZW]

スペシャルバーサトル NW/ZW [SPECIAL VERSATILE NW/ZW]

VERSATILEも気づけば4代目です。

鮎竿には色々な調子が有れども、この竿こそがセンターだと。
そんな竿です。

先調子でも胴調子とも言えず。
軽くもなく重くもなく。

鮎竿は軽くて感度があってパワーがあるのがいい。
理想を追い求めればそうです。
でもこれらは実際の所トレードオフで、何かを重視すれば何かが損なわれるわけです。
材料の進化と共にどんどん軽くなってきた鮎竿。
が、ついに軽量化競争も終わったと言えるでしょう。

軽さを追い求めた結果として、強度はあるけど肉薄になっていった鮎竿。
不思議と、それを釣り人は敏感に感じるのです。
で、怖さを感じて曲げきれなくなって、結果抜けるはずの鮎もビビッて抜けない。
間違ってでもこんな高価な竿折りたくない…それはそうです。
そんなことも起きていると思います。
余分なものは一切排除された鮎竿において、重さとパワーはある程度比例します。
パワーは安心感ともいえるかもしれない。
そんななかで基本に立ち返った竿がバーサトル。
基本的な性能が全部合格点。
でも特出した何かがあるわけではない。
究極の中途半端ななんでもできる竿。

細身肉厚からくる安心感は半端ないですよ!
同じH2.6同士で重量を比較してみてください。
それが底力。
H2.6と言う表記だとして、軽量系のH2.75並の魚のあしらい具合。
抜きさえしなければ尺だって…

穂先にEXCITE TOP。
SPIRAL-X CORE。
パワーセレクトシステム採用の標準替え穂。
万全の準備で皆様を待っております!

次回!「痒いところに手が届く」乞うご期待!