フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

鮎入れ掛かり!?ブログ 2017

VOL.91 日高川:小さいけど真っ黄っ黄

釣行日
2017年9月30日(土)
場所
和歌山県 日高川迂回川 佐井橋
水況
減水
天候
くもり
釣果
平均:15cm(最大:18cm)68匹
仕掛け
水中糸:マスターフロロ 0.175
ハリ:虎の牙 6.0-6.5 3本イカリ
竿
バーサトルH2.6+RSソリッド
釣人
ぬけさく

 PM9時ごろ日高川から帰ってくると、突然嫁はんが「明日、釣り行ってもいいよ」と言います。なななんと!。どういう風の吹き回しか、理由はどうでもいいのです。願ってもないことなので素直に行くことにします。口には出しませんが実は体はかなりクタクタです。

 迷いなく昨日感触が良かった佐井橋に向かいます。佐井橋に着くと誰もいません。ラッキーです。いそいそとポイントへ。昨日、竿を入れれなかった下流側のトロをフロロで泳がせるつもりです。

 とりあえず瀬肩でオトリを…と思うのですが、昨日自分で釣ったからかなかなか掛かりません。フワフワさせながら釣り下って瀬落ちの深みでようやく1匹確保です。

 オトリが代わるとポロポロ掛かり始めます。鮎は小型中心ですが殆ど真っ黄っ黄。目印がぶっ飛びます。私は型より数、数よりアタリが好きなので小さくてもいいアタリが出れば満足です。昨日は複合でしたが今日はフロロで泳がせます。

 午前中3時間やって27匹。いい感じです。4日前の沈んだ気分が晴れていきます。私の人生こんなものです。鮎の釣果で変わるのです。

 午後からはさらに下の緩い流れのトロ場を狙います。が、オトリが思うように泳いでくれません。選りすぐりのオトリを持ってきたはずなのに。トロ場の泳がせはオトリの泳ぎが命です。

 少しずつ流れのある上流に向かって上っていくとまた掛かりだしました。さっき釣ったはずなのに。釣りきれてないのです。

 今日の竿はバーサトルH26 9085にRSソリッド穂先。小型の鮎にそうっとテンションをかけるのにピッタリ。日中、風が強く、竿が煽られましたが穂先がショックを吸収してくれるのでオトリも弱りません。

 順調に掛かっていましたが最後の方で変な掛かり方をしてダンゴ。…一瞬にしてあっけなくプンツンとなりました。2匹マイナス。

 いつもなら薄暗くなるまでやるのですが今日は訳有って早上がり。いい感じなのでもっと釣りたい気分ですが…。午後の部、数えてみると小さいけれど真っ黄っ黄が41匹。なんとこの時期になって68匹の大釣りです。あと2匹、釣れば良かったと悔やみます。試合でもないのに。何なんでしょう。でも人もいなくストレスなく楽しめてよかったよかった。今日はしんどくありません。

 釣人:ぬけさく