フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

鮎入れ掛かり!?ブログ 2017

VOL.74 日高川龍神:ちっともうまくならない理由

釣行日
2017年8月25日(金)
場所(水況)
和歌山県 日高川 (減水?)、龍神地区小原橋(減水?)
天候
曇り時々晴れ
釣果
平均:18cm(最大:22cm)40匹
仕掛け
水中糸:マスターフロロ 0.175、メタマグナム自作仕掛け 0.05
ハリ:龍の爪 6.5 3本イカリ、4本イカリ
竿
2019プロト、プロトB、プロトE
釣人
ぬけさく

 今日は、幸いにも元報知名人の松本一平さんと一緒に釣りをする機会に恵まれました。一緒に仲橋下流の吊り橋の上に入ります。

 一番良さげなところに入れてもらい、一平さんは私の上に入ります。

 いい感じの流れです。石の色も良さげに見えます。右岸よりの石には鮎の影も見えます。

 一平さんと一緒なのであんまり不細工な釣りは出来ないと丁寧に泳がせます。が、掛かりません。たまにチェイスが有ってハリにはさわっているのですが乗りません。やっと絡んできたエラ掛りで何とか命拾いです。

 一番釣れそうなところに入れてもらったのによう釣らず、右岸のヘチの掘れ込みでポロポロと掛かり何とか撃沈は免れました。

 下流から戻ってきて入ったのがココ。下流寄りの瀬肩の波立ちが良さそうに見えますが、掛かったのはその上の鏡。

 釣ったのは右岸立ち。上飛ばしで久々のプチ入れ掛りとなりましたが、お腹も空いたので中断。2時間半ほどで23匹はまずまずです。お弁当の後は釣ってない下半分を狙います。昼前の感触では10匹ぐらいは釣れるはず…。

 ところが、なんと掛かりません。丁寧に泳がせているのですが。波立ちも掛かりません。鮎釣りはリズムが大切です。お腹が減っても釣りきるまでやらなければいけないのです。ようやく掛けた久々の1匹も、もしやの受け損ね。(涙!)…気分転換に場所移動です。粘りすぎました。

 後半入ったのはここ。川原に立つと結構鮎の影が見えます。はたして追う鮎なのか遊び鮎なのか。1匹目はすぐ来たのですがその後テンポよく掛かりません。

 ポロポロは掛かるのですが、なかなか思うようには釣れません。連日せめられて釣り荒れてる…とかいろいろ理由は考えられますが、おそらくちゃんと釣れてないのでしょう。それならば、せっかくのいい機会なので上手い人の釣りをじっくり見ればいいのに。それがなかなかできないのです。釣りたい気持ちが先行して。考えてみれば私ほど恵まれた環境にいる人間はそんなにいません。鮎釣り界を代表するそうそうたるメンバーと一緒に釣りができる機会がありながら…。でもこの歳になっても治らないのだから一生治らないのかもしれません。

 竿はプロトE。私が楽しみにしていたモデルです。特に軽いわけではありませんが引き性能、タメ性能、抜き性能がバランスよくまとまった竿。おそらく愛好者の方なら想像つくと思います。竿はいいのだからもっと釣らなアカンのですが…。

 今日の教訓。①釣れている時は中断しない。②たまには上手い人の釣りをじっくり見る。…守れるかな?!

 釣人:ぬけさく