フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ 2017

鮎入れ掛かり!?ブログ 2017

VOL.73 何があった?紀ノ川が凄い!

釣行日
2017年8月31日(木)
場所
和歌山県 紀ノ川
水況
渇水
天候
晴れ
釣果
平均:18cm(最大:23cm)57匹
仕掛け
水中糸:メタゲーム 0.06
ハリ:虎龍 7.0-7.5
竿
まだ先のプロト
釣人
rock

 名張川での劇的な釣りを引きずるままに、モロコ先輩に着いて紀ノ川。
 ド渇水なれど、濁っていないから気持ちは晴れやか。
 見たことないぐらい渇水ですが(笑)

 両岸からさし合えば丁度かなと思っていたのに、チャンバラになるぐらい渇水。
 それでもへちはびっかびかだし釣れそう♪

 モロコ先輩右岸から。
 rock左岸から。

 掛かれば一番面白そうな瀬の流芯は色が悪い。
 ちょっと開きだして色がいい石が見え出して、完全に開くといい色。
 もう秋なのだろうか?

 とりあえずおとりを送り出す。
 綺麗な石にたどりついたら、目印が飛ぶ。
 気持ちいい!!!

 そして今日の難しさに出会う。
 終わってみれば最小10cm最大24cmが万遍なくかかるというバラバラ地獄。
 ハナカン周りをどうするか、めっちゃ悩みます。
 そのチビ鮎がめっちゃ良いオトリになるんです。
 最大サイズは最小サイズのオトリで掛けました…

 しっかし渇水で若干気むづかしい鮎もいるものの、結構素直。
 海産天然最高に面白いですね。

 石色のいいところは確実に掛かる。
 時間がたてばまた次の鮎が掛かる。
 サイズはでたらめでもテストになります。
 同じところで掛かるから。

 今日の使用プロトは来年ではない先のプロト。
 でもそれが出る年には確実に中心選手。
 モロコ先輩と共に迷っています。
 何故か?
 色々なテスターに使ってもらって評価してもらうに、表面上意見がバラバラ。
 ここまでばらついた竿も珍しい。
 では、なぜなのか?
 それを解明しない事には進みません。
 各テスターがそれぞれ何を言いたかったのか、伝えたいのか。
 各テスターの釣り方、傾向、色々考慮しながら自分たちも使ってみる。
 そしてまた色々聞いてみる。
 繰り返しです。

 が、今日で光が見えた可能性アリ。
 今シーズンずっと悩みまくっていましたが…

 さて、あとはテスターに改良プロトを試作してぶつけてみるだけ!
 答え合わせの時間です。

 しっかし紀ノ川、どうしたんでしょう。
 めっちゃ鮎います。
 去年よりいます!
 なんだか年々増えているような?
 これは紀ノ川水系完全復活なのかな???

 できればまたすぐにでも行きたいけど…行ける日がなさそうです…
 次の引き水のタイミングとかパラダイスなんだろうな。

 がんばった!
 57鮎です。

 通算726鮎♪

 釣人:rock